2020年 11月 25日 (水)

突然届いた「謎の種子」、日本各地で続々報告 送付元は中国...狙いは何なのか

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   中国から「謎の種子」が次々に届いてアメリカなどで社会問題にもなったが、日本でも、同様な報告がツイッター上で相次いでいる。

   農水省では、最寄りの植物防疫所への相談などを呼びかけている。様々な憶測があるようだが、狙いは一体どこにあるのだろうか。

  • 中国から届いた種子=写真は、木乃子増緒さん(@KinokoMasuo)提供
    中国から届いた種子=写真は、木乃子増緒さん(@KinokoMasuo)提供
  • 「中国郵政」と郵便物にあった=写真は、木乃子増緒さん(@KinokoMasuo)提供
    「中国郵政」と郵便物にあった=写真は、木乃子増緒さん(@KinokoMasuo)提供
  • 中国から届いた種子=写真は、木乃子増緒さん(@KinokoMasuo)提供
  • 「中国郵政」と郵便物にあった=写真は、木乃子増緒さん(@KinokoMasuo)提供

「薬物と思われたら困る」と思い、警察に相談

   小さなビニール袋の中に、緑色っぽい細長い種子が詰まっている。これは、ツイッターユーザーのmkaさん(@mka38919477)が受け取った郵便物だ。

   mkaさんが2020年7月30日に明かしたところでは、マレーシアから送られたとあったが、シールの下を見ると元は中国だったという。「薬物と思われたら困る」と思い、警察に相談したところ、「開けずに受取拒否しなさい」と言われた。

   mkaさんは、郵便物を開けてしまったので、31日になって管轄の植物防疫所にこの種子を届け出たそうだ。

   アメリカで物議を醸した「謎の種子」は、日本でも、29日ごろからツイッター上で報告されるようになった。

   種子の内容は様々で、アサガオの黒い種を小さくしたようなものや黄色っぽくて丸いタイプなどの写真が投稿されている。届いた地域も、横浜から札幌まで広い範囲に及んでいるようだ。

   送り主は、中国という以外は不明で、複数のツイートでは、アマゾンの宅配を利用したことで情報が漏れたのではないかとの推測がされた。アマゾン用に使っている住所に届いた、アマゾンで買い物したら中国から品物が届いたことが何度かあった、といった理由からだ。

   農水省の植物防疫所サイトでは30日、「海外から注文していない植物が郵送された場合は、植物防疫所にご相談ください」と呼びかける注目情報を出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中