2020年 8月 9日 (日)

「シャッツキステ」店主が14年間の思い語る 名物メイドカフェの「閉館」...コロナ禍と、変わる秋葉原と

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   メイドさんとオタクたちで守ってきた社交場が、突然の新型コロナウイルスの影響で幕を下ろすことを決めた。

   東京・秋葉原にあるメイドカフェの老舗、「シャッツキステ」が2020年6月24日、ツイッターを通じて「閉館(閉店)」が決まったことを伝えた。新型コロナの影響とはいえ、2006年の開店以来独自のスタイルを貫いてきた老舗の閉店は衝撃的だった。

   J-CASTニュースでは開店以来店を守ってきた店主・有井エリスさんに話を聞いた。変わりゆく秋葉原と、自身の人生の岐路、そして世の中の動きが合わさって、この責任の重い決断に至った。

  • 「メイドカフェ」というよりは来客とメイドが営むサロンのようだった「シャッツキステ」(提供/シャッツキステ)
    「メイドカフェ」というよりは来客とメイドが営むサロンのようだった「シャッツキステ」(提供/シャッツキステ)
  • 「メイドカフェ」というよりは来客とメイドが営むサロンのようだった「シャッツキステ」(提供/シャッツキステ)

メイド好きで始まったオタクの社交場

 

   シャッツキステとはドイツ語で「宝箱」の意味。メイドが営む私設図書館というコンセプトで、料金は時間制、制服は現代風にアレンジされたメイドスタイルではなく、ヴィクトリア朝イギリス風のクラシカルなメイド服。この店を2006年の開店以来運営してきたのは有井エリスさんだ。

 

   2000年代前半はメイドブームが起こり始めていた時期だ。有井さんも学生時代にメイドカフェで働いた経験があり、1人のメイド好きのオタクとして店を立ち上げた。「ちょっと昔の名作アニメに登場するような、お屋敷のメイドさんがいるような場所をイメージしました」というわけで、店舗を飲食店ではなく「作品」というコンセプトで始めた。最初の3年間はメイドたちが営む「屋根裏部屋」、現在地に移転後は「図書館」という設定で続けてきた。

「メイドカフェって、メイドさんの接客・会話を売りにするスタイルもあれば、お客さん同士の交流の場を提供するスタイルもあると思います。オタクの皆さんってもう本当に趣味を究めている人が多くて、そういう趣味をオープンにできる場にしたい、と思って続けることができました。続けるうちにお店がアニメのワンシーンの舞台になったりもして、ここが聖地になったとお客さんも喜んでくれて。二次元と三次元の架け橋になれたかもしれません」

   という有井さん。森薫さんのマンガ「シャーリー」の原画展やメイド文化のトークイベントを催したり、また知る人ぞ知るオタクたちの社交場として、ドールやSF関係のイベントも開かれてきた。店内はもちろんマンガや専門書や同人誌が置かれ、客の好奇心をそそる場になっている。秋葉原にメイドカフェが文化として定着する中で、独自の存在として続いてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中