2020年 12月 1日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
ポートランドの日系人青年が、大統領に「感謝」する理由

送料無料/乳酸菌ごぼう茶
「ポートランドで生まれ育った人間として、この街に法と秩序をもたらしてくれたことに感謝します」

   トランプ大統領宛てのこんなツイートが目に留まった。

   2020年7月29日付で、日系人らしきユーザーネームだった。オレゴン州ポートランドでは、暴徒化した一部の黒人差別に対する抗議デモを鎮圧するために、連邦政府が介入。日米のほとんどのメディアや民主党支持者、そして民主党色が濃い地元ポートランドの住民からも、厳しい批判を浴びてきた。

   しかし、ポートランドへの連邦政府の介入を登録有権者の44%が支持、43%が不支持との世論調査結果もある(Morning Consult/Politico、7月24―26日実施)。

   私はツイートした男性と、話してみたいと思った。

  • 抗議活動が続くポートランド。群衆の奥では、小さいながら炎が燃えている。7月22日、Tedderさん撮影。Wikimedia Commonsより。
    抗議活動が続くポートランド。群衆の奥では、小さいながら炎が燃えている。7月22日、Tedderさん撮影。Wikimedia Commonsより。
  • 抗議活動が続くポートランド。群衆の奥では、小さいながら炎が燃えている。7月22日、Tedderさん撮影。Wikimedia Commonsより。

トランプ氏「ポートランドを助けるためだ」

   その男性にメッセージを送ると、すぐに快諾の返事が届いた。今も彼が住むポートランドは午後10時過ぎだったが、快く電話取材に応じてくれた。日系2世で、名前はヒロキ・カノウ(31)。彼の自宅は、デモ隊と連邦部隊の衝突現場から車で5〜8分の距離だという。

   トランプ大統領宛の彼の感謝のツイートは、次のように続いていた。

「アンティファ(ANTIFA=anti-fascist、反ファシスト)と無政府主義者らは、何年間も手に負えない状態が続いています。抗議デモの暴力に、ついに政府が対処してくれるのか、という思いです。撤退せずに、押さえ込んでほしい!」

   米ミネソタ州で黒人男性が白人警官に首を圧迫されて死亡した事件をきっかけに、ポートランドでは人種差別と警察の過剰な力の行使に抗議するデモが、2か月以上続いている。デモはおおむね平和的に行われてきたが、夜になると郡裁判所や連邦施設を破壊、侵入して放火、窓を割るなどの被害が出ていた。

   トランプ大統領は、「暴徒はアンティファや無政府主義者だ。混乱や暴力行為は、ニューヨークやシカゴ、シアトルなど、愚かな民主党が運営している街で起きている」と批判。2020年7月上旬、国内の歴史的記念碑を守ることを目的とした大統領令のもと、武装した連邦職員を現地に介入させた。

   「ポートランドを助けるためだ。市が無政府主義や煽動者をコントロールできないから、我々が連邦の財産と国民を守る」とトランプ氏は主張している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中