2021年 6月 17日 (木)

中国からの「謎の種」めぐり「謎の噂」 「危険植物説」も出るが写真見た専門家は否定

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「アメリカ人に聞いたら...」「アメリカのSNSで聞くところ...」

   「謎の種」がジャイアント・ホグウィードだという説は、なぜ広まっていったのか。原因の一つに考えられるのが、インターネット掲示板「5ちゃんねる」での書き込みだ。

   7月28日夜に「ニュース速報+」で建てられた、全米で謎の種が入った郵便物が届いているという話題を取り上げたスレッドでは、以下のような書き込みがあった。

「スカイプで聞いたんだけどジャイアント・ホグウィードの種だって」(7月29日1時18分)

   また、このスレッドの続きとして29日朝に建てられたスレッドにも、以下のような書き込みが見られた。

「前スレの人がアメリカ人に聞いたら ジャイアント・ホグウィードってやつだったってさ」(7月29日8時9分)

   そして、7月31日早朝に「ニュース速報」で建てられた「中国から届く謎の種子、ついに日本にも来たもよう」というタイトルのスレッドでは、以下のような書き込みが見られた。

「アメリカのSNSで聞くところによると、この種子は、ジャイアント・ホグウィードと言うらしい」(7月31日 4時12分)

   この一文に続き、投稿者はジャイアント・ホグウィードの危険性を紹介していた。この書き込みには「こっっっっっっわ」「このような危険な植物があるとは知らんかった」などの返信が寄せられた。一方で、情報ソースの不明瞭さや、複数の種が報告されているにも関わらずジャイアント・ホグウィードだと断定することへの指摘もあった。

   31日中には、アメリカで話題になっていた「謎の種」が日本にも届いていることを、日本のメディアが一斉に報じている。この日以降、ツイッターやフェイスブック、ヤフーニュースのコメント欄などに、「謎の種」がジャイアント・ホグウィードであると疑ったり、断定するような内容の文章が書きこまれるようになっていった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中