2020年 9月 25日 (金)

コロナがなかったらこんな大学生活を... 「親バカ青春白書」に学生から「羨望の声」

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   俳優のムロツヨシさん(44)が主演する「親バカ青春白書」(日本テレビ系)の第2回が放送された。同ドラマは演出家の福田雄一氏によるオリジナルドラマ。ムロさん演じるシングルファーザーで小説家の小比賀太郎(ガタロー)が、娘のさくら(永野芽郁さん=20)の大学入学にあたって異性関係を心配するあまり、自らも同じ大学の同じ学部に入学してしまうというコメディーだ。

   第2回(2020年8月9日)では第1回と同様、ガタローとさくらが大学生活の醍醐味とも言えるサークル活動を決めるべく、入学した「立青大学」のキャンパス内を奔走する様子などが放送されたが、それに対し、ネット上では大学1年生と見られるツイッターアカウントから羨望の声が上がっているのだ。

  •  ムロツヨシさん(2015年撮影)
    ムロツヨシさん(2015年撮影)
  •  ムロツヨシさん(2015年撮影)

「私もあんな大学生のスタート切りたかったなぁ」

   あるツイッターアカウントは「『親バカ青春白書』っていうドラマ観てると、コロナがなかったらこんな大学生活送れてたのかなぁ?とか考えちゃって話全然入ってこない」と、ドラマを見ると複雑な気持ちになるとツイート。また、別のアカウントは、

「なーんか、今日親バカ青春白書見たんやけどさ、私もあんな大学生のスタート切りたかったなぁ、コロナまじ恨みでしかない。大学の友達まだ1人もおらん 泣きでしかない」

と、自らの大学生活への不満を吐露している。

   また、「ムロツヨシの親バカ青春白書はコロナ禍で失われた本来のキャンパスライフを想起させてくれるから好き」と、本来訪れるはずだった大学生活のシミュレーションが出来てしまうと指摘しているほか、

「親バカ青春白書を兄と観てて、爆笑してたけど、ふと大1の私『ねー大学生ってこんな感じなのかな!?』って大4の兄に言ったらすごく哀れみの目で見られた。とりあえずコロナを恨んでおこう」

と、やはり、「恨み節」をつづっているのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中