2020年 9月 29日 (火)

コミックマーケット以外の即売会を「コミケ」と報じるのは... 準備会などがメディアに苦言

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   コミックマーケットは、東京ビッグサイト上で開催される世界最大級の同人誌即売会である。ファンからは、「コミケ」、「コミケット」と呼ばれている。このイベントを運営する「コミックマーケット準備会」は2020年8月16日、ツイッター上でテレビでの報道に苦言を呈した。

「同人誌即売会を総称して『コミケ』と報じるのは、一般の方の誤解を招きますし、各即売会にも失礼だと思いますので、考えていただきたいものです」

   同人誌即売会とは、主に自費出版された作品(同人誌)の売買を行うイベントで、様々な団体が各地で実施している。

  • HIKKYが開催するComicVketの会場 バーチャル秋葉原
    HIKKYが開催するComicVketの会場 バーチャル秋葉原
  • コミックマーケット公式サイトより
    コミックマーケット公式サイトより
  • HIKKYが開催するComicVketの会場 バーチャル秋葉原
  • コミックマーケット公式サイトより

ComicVketをコミケの「バーチャル版」と紹介

   TBSの「サンデー・ジャポン」では8月16日、「夏の風物詩『コミケ』の代わりに...バーチャル版を開催!」として、バーチャル同人誌即売会「ComicVket」の特集を放映した。テロップなどには、

「"コミケ"のバーチャル版!?ComicVketとは」
「バーチャル版"コミケ" 自宅にいながらアキバで買い物」

と表記し、まるでコミックマーケットの代替イベントであるかのように「ComicVket」を報じた。

   「ComicVket」はJ-CASTニュース既報の通り、バーチャル空間でのマーケットを運営するHIKKY(東京都渋谷区)が主催する同人誌即売会である(「VR空間に『待機列』『最後尾札』も バーチャル同人誌即売会、新型コロナで動き加速」、4月10日配信)。HIKKYではこれまで、3Dアバターや3Dモデルなどを取り扱うバーチャル即売会を実施しており、その技術を生かして、ことし4月から同人誌即売会「ComicVket」を開始。開催二回目となる「ComicVket1」はお盆である8月13日から16日の4日間開催され、秋葉原の街を再現した「バーチャル秋葉原」を会場とし、大きな話題を呼んだ。

   このようにコミックマーケットと「ComicVket」は運営母体が異なる全く別のイベントであるため、「ComicVket」をコミックマーケットの代替イベントとして報じることに視聴者からは疑問の声が上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中