2021年 4月 17日 (土)

クルーザーが浜辺に接近...由比ガ浜の動画物議 「サーファーに依頼された」と船長、海保は注意指導

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

迷惑防止条例に抵触する恐れを船長らに説明したが...

「お盆最終日の夕方、自転車に乗って海の様子を見に行くと、クルーザーが波打ち際まで迫って、危ないと思いました。また、海を旋回して浜辺に近づいてきたので、砂浜まで下りてスマホで撮影しました。4回ぐらい同じことを繰り返したのを見ましたが、その前に通報が何件もあったらしく、海保らしき船がクルーザーを止まらせて指導している様子でした」

   クルーザーが浜辺に近づいたときの状況については、こう言う。

「海の中にいる人たちに数メートルの距離まで接近していました。サーファーには、波を被るぐらい近づき、沖にもSUP(スタンドアップパドルボード)の人がいる中で、その間を抜けるように走っていましたね。サーファー以外の人も海に入っていましたので、危ないことはしてほしくないですね」

   当時の状況について、海保の横須賀海上保安部は18日、管理課の担当者が取材にこう答えた。

「連絡を受けて船舶と接触し、船長に話を聞いて、事実関係を確認しました。また、付近のサーファーなどからも話を聞いています。それによると、サーファーから『船が来ると波が起きるので、もっと波を立ててくれ』と停泊しているときに声をかけられ、数分ぐらいかけて、何回か浜辺近くを往復したということです。このことでのケガ人はいません。船に乗っていたのは、複数の友人たちの集まりで、飲酒運転の事実は確認されませんでした」

   海保では、船を立ち入り検査したうえで、「一歩間違えれば事故につながった」として、神奈川県迷惑防止条例に抵触する恐れがあることを船長らに説明した。しかし、依頼したサーファーにも問題があり、陸から見えるほど人の近くまでは接近していなかったなどとして、逮捕や書類送検はせず、船長らへの注意・指導に留めた。免許取り消しもしないという。

   海保によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、海水浴場が設置されておらず、マリンスポーツとのエリア分けもされていないことから、「クルーザーや水上バイクなどが近づいてきて危険だ」という通報が何件か来ているそうだ。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中