2020年 9月 24日 (木)

「茶」強調しすぎ?セブンのペットボトル飲料、デザイン変更で注目 広報に聞いてみると...

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2020年8月20日ごろからインターネット上では、コンビニ大手「セブン-イレブン」のお茶のパッケージが変更されたことが話題となっている。

   新パッケージでは、「茶」の一文字が大きく強調され、隣に「ジャスミン」、「ほうじ」、「烏龍」、「むぎ」と茶の種類が分かる語は小さく添えられている。J-CASTニュースはこのデザインの狙いについて、セブン-イレブン・ジャパンに電話で取材を行った。

  • 新パッケージのお茶
    新パッケージのお茶
  • 左が新デザイン・大きいサイズの烏龍茶、右が旧デザイン・普通サイズの烏龍茶
    左が新デザイン・大きいサイズの烏龍茶、右が旧デザイン・普通サイズの烏龍茶
  • 新パッケージのお茶
  • 左が新デザイン・大きいサイズの烏龍茶、右が旧デザイン・普通サイズの烏龍茶

商品パッケージのコンセプトは「わかりやすさ」

   2007年5月に登場したセブン&アイグループの独自商品「セブンプレミアム」は、この春から各商品のパッケージデザインをリニューアルしており、お茶のパッケージデザインは7月から順次変更しているという。セブンプレミアムの商品パッケージのコンセプトは「わかりやすさ」としており、「茶」という一文字でお茶の飲料であると分かるようにするなど、商品の良さをシンプルに伝えることを意識しているとのことだった。

新旧パッケージ比較(サイズは異なる)
新旧パッケージ比較(サイズは異なる)

   たしかに、これまでのデザインと比べて「茶」の文字が太めの字体で大きく、やや遠目で見ても視認できる。しかしインターネット上では、「茶」であることの分かりやすさを評価しながらも、「一目で何茶か分からなくなった」、「何茶なのかをデカく書いてくれ!!!!!」といった声も上がっている。

   セブン-イレブン・ジャパンは、このような反響を認識しているという。

「分かりやすさとか、美味しさがちゃんと伝わるデザインを心がけておりますので、お客様からそういうお声をいただいたということを真摯に受け止めて、今後パッケージの変更なども検討して参りたいなと思っております」

とコメントした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中