2020年 9月 19日 (土)

黒歴史「7pay」から1年... PayPay連携を選んだセブン、巻き返しなるか

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   今や小売業にとってコード決済(QRコード決済、バーコード決済)戦略は、売り上げを左右しかねないほど重要になってきている。

   国内でコンビニエンスストアを2万店以上展開して、小売業をリードするセブン-イレブン・ジャパンは、自社の販売促進アプリ「セブン-イレブンアプリ」内の決済機能として、ソフトバンク系のコード決済「PayPay」(ペイペイ)を2020年10月以降に搭載する。コード決済戦略で出遅れたセブンにとって、ペイペイの導入は挽回のきっかけとなるか。

  • 7pay騒動から約1年、「自前偏重」からの脱却象徴?
    7pay騒動から約1年、「自前偏重」からの脱却象徴?
  • 7pay騒動から約1年、「自前偏重」からの脱却象徴?

独自アプリ内でPayPay導入

   セブン-イレブンアプリにペイペイが搭載されることで、アプリ画面上にペイペイの支払いバーコードが表示され、全国のセブン-イレブン店舗で決済が可能になる。この動作によって、アプリの会員コードを提示すると受け取れる「バッジ」やセブンマイル(税抜き200円購入で1マイル)と、ペイペイによる支払いで受け取れるペイペイボーナス(支払額の最大1.5%)も同時に受け取ることができる。

   もちろんセブン-イレブンの店舗では、現在使えるクレジットカードや交通系ICカードなどの電子マネー、各種コード決済サービスも引き続き利用できる。ただ、現状ではレジ前でセブン-イレブンアプリを提示して店員にコードを読み取ってもらい、即座にスマートフォンを操作してコード決済アプリに切り替えて再びコードを読み取ってもらうことは、利用客にも店員にも後ろに並ぶ客にとって面倒で仕方が無い。1度の読み取りで両方できるようになれば、セブン-イレブンの店舗を頻繁に利用していて、既にセブン-イレブンアプリで特典を手に入れている人にとっては、便利になるだろう。

   注意すべきなのは、セブン-イレブンアプリに搭載したペイペイ機能を使えるのはセブン-イレブンの店舗だけで、それ以外のペイペイ加盟店では、通常のペイペイのアプリで決済する必要がある。いわばペイペイという「財布」を二つ用意することになるが、ペイペイの還元プログラム「PayPayステップ」の加算対象としては両方を合算する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中