2020年 9月 24日 (木)

ぜんぶドルチェ&ガッバーナのせいだ 瑛人・香水の「Win-Winな風評被害」【ネットメディア時評】

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   2020年夏、日本で一番「風評被害」をあびているのは――。そう聞かれたら、「ドルチェ&ガッバーナ」と即答する。

   ドルガバブランドの芳香の「せい」で、かつての恋人を思い出してしまうと歌うヒット曲「香水」。ともすれば、ただの言いがかりだが、どうやらネット上ではWin-Winな関係が築けているようだ。

  • 「香水」が流行っている(画像はイメージ)
    「香水」が流行っている(画像はイメージ)
  • 「香水」が流行っている(画像はイメージ)

有名人が見せる「懐の深さ」

   「香水」は、シンガーソングライター・瑛人(えいと)のリリースから約1年、今春TikTok(ティックトック)で火が付き、著名人が「歌ってみた」動画に続々参戦した。そして、ここに来て瑛人自身の露出も増え、ネットメディアにも相次いで登場している。

   BuzzFeed Japanは8月下旬、瑛人へのインタビューを複数本にわたって掲載した。なかでも「【ガチ検証】ドルチェ&ガッバーナの香水をつけて取材したら瑛人は気づくのか?」は、これまでのBuzzFeedの「芸風」とは、見出しからして一線を画する。

   インタビュアーの神庭亮介記者が、ドルチェ&ガッバーナの「ライトブルー」をまとい取材するのだが、30分たっても、40分たっても、気付いてくれない。そしてタイムリミットが近づいて......と、ここから先は記事に譲るが、ネタばらし後に瑛人が見せる「人間味」は魅力的だ。

   近い構図のウェブ記事に、ロケットニュース24の「突撃!イングヴェイ」がある。ギタリストのイングヴェイ・マルムスティーンに扮した中澤星児記者が、取材中に演奏を試みる過程を追ったシリーズで、これまで安達祐実、千眼美子(清水富美加)、のん(能年玲奈)といった有名人らが登場した。こちらも、インタビュー本編と、裏に走っている「企画」のギャップ、そして取材相手の「懐の深さ」が調和している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中