2020年 9月 25日 (金)

小倉優香「芸能生命危機」は古い? ファン支えにYouTuber転身なら「前途洋々」も

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   毎日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」の生放送の真っ最中に突如として降板を直訴した女優の小倉優香さん(21)が、同番組を降板することが2020年8月26日に発表された。

  • 小倉優香さんの旗色は、実は悪くない!?(写真はイメージ)
    小倉優香さんの旗色は、実は悪くない!?(写真はイメージ)
  • 小倉優香さんの旗色は、実は悪くない!?(写真はイメージ)

東スポに「降板テロ」と言わしめた小倉さんの直訴

   ことの発端は7月29日。番組終了間際にケンドーコバヤシさん(48)から話をふられた小倉さんは「(番組を)辞めたいと事務所に言ったんですけど、3~4ヶ月話してくれないので、ここで言います。辞めさせてください」と、それまでの話の脈絡とは無関係に降板を直訴。他の出演者があっけにとられる中で番組はそのまま終了し、翌週から小倉さんは3週連続で番組を欠席し、そのまま8月26日に降板が発表された。

   「番組中に降板直訴」という異例の事態から始まった今回の降板劇だが、26日の毎日放送の発表では、同社の三村景一社長の「ご本人のご希望どおり番組を降板いただきます」との言葉が紹介されたと報じられるなど、番組側の怒りがにじみ出ていたほか、一連の降板劇に対しては東京スポーツが翌27日に「小倉優香〝降板テロ〟の大きすぎる代償『怖すぎて使えない...』」との見出しで記事を配信するなど、マスコミ業界を大きく揺るがせた降板劇となった。

   確かに、テロを連想すらさせる突然の降板宣言を行ったとあっては、小倉さんへのオファーが減っていくのは当然の流れ。それを考えると、今後の小倉さんの露出機会が減少していくであろうことは想像に難くない。まさしく、小倉さんは芸能生命の危機に瀕し始めているとも言えるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中