2020年 9月 30日 (水)

安倍昭恵氏「世の中の為に神様私を存分にお遣い下さい」 辞任表明後「初」FBは過去の文章を...

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   安倍晋三首相が辞任を表明してからも沈黙を守ってきた昭恵夫人が2020年8月31日深夜にフェイブックを更新した。FB更新は、20年5月16日にクラウドファンディングへの協力を呼びかけて以来、3か月半ぶりだ。

   今回の更新では文章の書き込みはなく、16年の自分の投稿をシェアしただけだ。当時の投稿では、13年に母校の会報に寄稿した内容を紹介している。昭恵氏の投稿によると、会報のテーマは「再生~ReBirth~」。寄稿の最後は「世の中の為に神様私を存分にお遣い下さい...」という1文で結ばれている。今後の活動に意欲を見せているとも読める内容で、この内容をこのタイミングで投稿した意図をめぐる臆測も出そうだ。

  • 安倍昭恵夫人。文章なしのFB投稿の意図はどこにあるのか(2017年撮影)
    安倍昭恵夫人。文章なしのFB投稿の意図はどこにあるのか(2017年撮影)
  • 安倍昭恵夫人。文章なしのFB投稿の意図はどこにあるのか(2017年撮影)

「一度挫折を味わい、辛い思いをしたからこそ今がある。正にReBirth」

   昭恵氏がシェアしたのは16年8月30日の投稿。この投稿では、

「2013年、母校の会報の特集テーマは『再生~ReBirth~』自分が書いた文章を読み返し『世の中の為に神様私を存分にお遣い下さい...』と改めて祈る。そして全てに感謝・・・」

という文章とともに、

「聖心に学ぶことが出来てよかったと今心から思えます」

と題した文章の写真がついている。昭恵氏は聖心女子学院初等科・中等科・高等科を経て、聖心女子専門学校に進学している。

   昭恵氏が寄稿した13年は、第2次安倍内閣が発足した翌年にあたる。第1次政権退陣から返り咲きまでを

「一度挫折を味わい、辛い思いをしたからこそ今がある。正にReBirth。人が生きていく上で無駄なことは一つもなく、失敗のように見えることも、大切な人生の積み重ねの一部だと思います。再チャレンジできる社会を作ると言っていた主人は今、自ら実践しています」

などと振り返りながら、母校への思いで寄稿を締めくくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中