2020年 9月 25日 (金)

抱き合って眠る「2人の女性」、さりげない起用...「好きな人ができたから。」 渋谷駅の大型広告に反響

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   入浴剤ブランド「BARTH」は、通行人に積極的な睡眠を呼びかける大型広告を2020年8月24日~8月30日にかけて東京・渋谷駅のコンコースで展開した。

   広告に「お試し用の入浴剤」が付いているというユニークさが特徴だったが、モデルとして抱き合って眠る2人の女性を「さりげなく」起用したことにも注目が集まった。担当者は反響をどう受け止めているのか。

  • 抱き合って眠る女性の姿を起用した入浴剤広告が話題(画像はTWO提供)
    抱き合って眠る女性の姿を起用した入浴剤広告が話題(画像はTWO提供)
  • 抱き合って眠る2人の女性が起用された広告(TWO提供)
    抱き合って眠る2人の女性が起用された広告(TWO提供)
  • 抱き合って眠る女性の姿を起用した入浴剤広告が話題(画像はTWO提供)
  • 抱き合って眠る2人の女性が起用された広告(TWO提供)

渋谷駅で展開、約146メートルの巨大広告

   広告はビジネスパーソンに向けて、意識的に質の良い睡眠をとることを呼びかける「睡眠投資プロジェクト」の一環として掲載。合計12組の人々が眠る姿を横に並べ、約146メートルの巨大広告に仕立てた。広告にはBARTHのお試し入浴剤が付属し、コンコースを通る人々が自由に持ち帰ることができる仕組みだった。

   こうしたユニークな仕掛けの一方、ツイッター上では「別の点」が注目を集めた。眠っている12組の人々は「ビジネスマン」「老舗旅館の15代目」「ラッパー」などさまざまなバックグラウンドを抱え、それぞれが「睡眠投資」をする理由を寄せている。そのうちの一人、「好きな人ができたから。」と語る会社員の女性は、もう一人の女性とともに抱き合って眠っている。

   広告では2人の関係性が記されているわけではなく、あくまで12組の中の1組として、自然な形で溶け込んでいる。ツイッター上では「同性愛」を過度に強調するような従来の広告手法とは一線を画しているとして「お洒落」「こういう自然な広告が増えて『当たり前』になっていくといいですね」などの反響が広がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中