2020年 9月 22日 (火)

「私の家政夫ナギサさん」ラストは「家」「政」が取れて... タイトル演出の妙に「なんて秀逸な終わり方!!」

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   2020年9月1日に最終回を迎えた女優・多部未華子さん(31)主演ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)で、ラストシーンのある演出が話題になっている。

   おじキュンドラマとして、気持ちの良いハッピーエンドを迎えた同ドラマ。28歳独身キャリアウーマン女子と、おじさん家政夫という異色の取り合わせながら、仕事に恋愛に葛藤する等身大のメイの姿は視聴者から大きな共感を得た。

  • 番組公式サイト。タイトルロゴをよく見ると…?
    番組公式サイト。タイトルロゴをよく見ると…?
  • 番組公式サイト。タイトルロゴをよく見ると…?

タイトルバックが毎回凝ってて楽しい

   そんななか、ひそかに注目を集め続けていたのが、各話におけるタイトルバックの演出だ。タイトルバックとは、映像作品におけるオープニングやエンディングなどで、タイトルの題字やスタッフクレジットが挿入されている部分のこと。

   第2話ではナギサさん(大森南朋さん=48)を母の目から隠した引き戸に、第3話ではメイが着用しているエプロンにタイトルロゴがプリントされており、第6話に至っては左右反転して描かれているロゴの前にガラスコップを置き、水を注ぐことで文字が反転するという光の屈折用いた演出がされるこだわりがあった。

   こういった細やかな作りこみは、視聴者から「ナギサさんのタイトルバック毎回凝ってて楽しい」「タイトルバックの出し方めちゃくちゃ『凪のお暇』に似てません? スタッフさん同じなのかな?」などと好評を得ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中