2020年 9月 19日 (土)

エスクデロ競飛王「見た目で差別やめて」 本田圭佑も「いいね」で応援

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   サッカーJ2・栃木SCのFWエスクデロ競飛王(せるひお)(32)が「差別」を受けたとして怒りを表している。2020年9月3日、ツイッターで自身に起きたことを書き込むと反響が広がった。

   競飛王はもともとスペインとアルゼンチン国籍を持っていたが、日本と縁が深く、07年に日本国籍を取得。日本代表入りにかける思いも強い。

  • エスクデロ競飛王のツイッターより(画像は9月1日の誕生日を祝福されたことを喜んだ投稿)
    エスクデロ競飛王のツイッターより(画像は9月1日の誕生日を祝福されたことを喜んだ投稿)
  • エスクデロ競飛王のツイッターより(画像は9月1日の誕生日を祝福されたことを喜んだ投稿)

「本当見た目とか外国人っていうだけで差別はやめてほしいです」

   競飛王はツイッターで「僕は国籍をもった日本人です。日本語を学んでいます。僕が外国人だからというだけで、彼は僕を呼び止め、僕が法に反していないか調べました。こんなことは書きたくないけど、変わってほしい。ありがとう」(原文スペイン語)と、いわれもなく警察に止められたと書いた。さらに

「血は日本人じゃないかもしれないけど、中学2年から日本に居て海外行ったりしたけど、両親も姉もみんな日本で生活して日本が大好きです。僕も日本が大好きです。本当見た目とか外国人っていうだけで差別はやめてほしいです」

と日本語でも訴えた。

   競飛王はアルゼンチン出身の父がJリーグ草創期の浦和レッズに在籍していたことから、幼少期を日本で過ごしている。その後一度アルゼンチンに渡ったが、ジュニアユースから浦和に所属し、16歳だった05年にトップチームデビュー、12年まで浦和でプレーした。韓国・FCソウルや中国・江蘇蘇寧を渡り歩いた後、16~19年は京都サンガに在籍し(18年は蔚山現代に期限付き移籍)、20年から栃木に所属している。

   人生の半分以上が日本暮らしだが、差別と感じる経験をしたことは「19年間で家族含めて数え切れないですよ」と、今回ツイッターで他のユーザーからの質問に答えている。今回呼び止められたのは、「日本人が五人と外国人1人が最寄りの駅でほとんど毎日使ってる駅でタクシー待つのに並んでいるのに、外国人登録とか免許証を見せてって言われるのは何故ですか?」と、毎日利用している駅前でのことだったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中