2020年 9月 24日 (木)

井上尚弥が「敵国」豪州メディアで絶賛される理由 背景には「2人のレジェンド」との縁が

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=をオーストラリアメディアが絶賛している。

   海外専門メディアによると、今秋にWBA同級3位ジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=との防衛戦を計画しているとされる井上だが、モロニーの地元オーストラリアメディアが早くも井上にフォーカスした記事を掲載。世界の「モンスター」に最大級の評価を与えている。

  • 豪州メディアも大注目
    豪州メディアも大注目
  • 豪州メディアも大注目

井上は「ファイティング原田の再来」

   オーストラリアメディア「news.com.au」(電子版)は2020年9月4日、井上VSモロニー戦の正式発表を待たずに世界戦の展望記事を掲載。記事ではオーストラリアと日本の伝説的なボクサーを登場させながら、井上とモロニーの実績などを紹介しており、両者の戦いは「オーストラリアのスポーツファンにとって非常に興味深いものになるでしょう」としている。

   記事内の井上を紹介するくだりでは、ファンから「モンスター」と呼ばれ、19試合中16試合でKOした井上の強打を「残忍なパンチ力」と表現。さらに米国の老舗専門誌「リングマガジン」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で3位にランクされていることも紹介し、日本の伝説的ボクサーである元世界フライ級、バンタム級王者ファイティング原田の再来と評価している。

   プロデビュー以来無敗で世界3階級を制覇した井上の実力は世界的に評価されているものの、「敵国」のメディアがなぜ井上をここまで称賛するのか。それは井上が保持する2本のベルトに由来する。現在、井上はWBAとIBFの2つの王座を保持している。このWBAとIBFのバンタム級王座は、オーストラリアのボクシングファンにとっては特別なものだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中