2020年 10月 30日 (金)

枝野幸男氏「いつまでに政権交代」明言しない真意 「現在はまず『選択肢』になりたい」

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   立憲民主党が衆参合わせて150人の国会議員が所属する野党の合流新党として再スタートしたことで、枝野幸男代表が「政権の選択肢」という言葉を口にする機会が増えてきた。

   新党に合流した小沢一郎衆院議員からは「この1年以内に必ず政権をとる」という声があがるなかで、枝野氏は「政権交代」という言葉や、それに向けたスケジュールを語ることには慎重だ。枝野氏は2020年9月23日、東京・丸ノ内の日本外国特派員協会で記者会見し、この真意を明かした。

  • 日本外国特派員協会で記者会見する立憲民主党の枝野幸男代表
    日本外国特派員協会で記者会見する立憲民主党の枝野幸男代表
  • 日本外国特派員協会で記者会見する立憲民主党の枝野幸男代表

小沢氏は「この1年以内に必ず政権を取る」

   小沢一郎衆院議員は9月21日に行った講演で、仮に解散がなくても衆院議員の任期満了が21年10月に迫っていることを念頭に、

「この1年以内に必ず政権を取る。そう心の中で決めている」

などと次期総選挙で政権交代を目指す考えを示していた。

   一方の枝野氏は、9月22日に佐賀市内で行った街頭演説で、

「是非みなさん、私たちと一緒に、もうひとつの選択肢を育ててくれませんか」

などと政権交代を目指すことに言及。サガテレビがこの日夕方のニュースで、

「佐賀訪れ街頭演説など 枝野代表 次期衆院選で政権交代目指す」

の見出しで報じていた。

   記者会見では、「次期衆院選で政権交代」という表現が妥当かを確認する質問に対して、枝野氏は

「『いつまでに政権を取るか』というのは試験勉強ではないので、スケジュールを立てて、それに基づいて進めていく性質のものではないと認識している」

などと応じ、報道には否定的な見方を示した。ただし、

「小選挙区を中心とする衆院の選挙制度を取っている限りは、最大野党の党首は、次の選挙の後に総理大臣を目指す、その覚悟がなければやってはいけない仕事だと思っている」

とも述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中