2020年 10月 26日 (月)

河野行革相、「脱ハンコ」へ急ピッチ 迅速な対応求めるも...「文化は好きです」

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   河野太郎行政改革担当相が2020年9月23日に「デジタル改革関係閣僚会議」で行政上の手続きにおける「ハンコ」の廃止を求める考えを示したことが報じられている。

   新型コロナウイルスの感染拡大などにより企業でも脱ハンコが進んでいる中、河野氏の発言は話題となっているが、河野氏は以前から「ハンコ」廃止に向けた動きと、ハンコという文化への好意という2つの面を見せている。

  • 写真はイメージ
    写真はイメージ
  • 写真はイメージ

「ハンコ文化は大事にしたい」

   河野氏が「ハンコをすぐになくしたい」と発言したことは、会合後に平井卓也デジタル改革担当相によって明かされ、平井氏も賛同を示した。また、TBS NEWSの報道によると、行政上の手続きにおけるハンコ使用の見直しとともに、ハンコが必要な手続きのうち「役所が廃止しない方針」のものについてはその理由を今月(20年9月)中に示すことを各府省庁に対し求めているという。

   ネット上の一部ではハンコ文化そのものを見直すべきだとの声も上がっているが、閣僚会議に関する報道の後にも、河野氏は自身のツイッターで

「前にもツイートしたけれど、行政の手続きにハンコはやめようと言ってるのであって、ハンコ文化は好きです」

と投稿。今回のハンコ廃止に向けた考えはあくまで「行政の手続き」が対象だと強調した。また「前にもツイートした」とあるが、当時防衛相だった5月30日にもツイッターで自身の名が押印された書物の写真などを添付して

「決裁や申請書など、業務にハンコは要らないけれど、ハンコ文化は大事にしたいと思います。蔵書印と封蝋。封蝋にちょっと煤が混ざってしまった」

と、ハンコ文化への思いをアピールしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中