2020年 10月 31日 (土)

「産後うつ」なぜ発症するのか 自殺のリスクも...精神科医に聞く

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   出産後の女性にありうる「産後うつ」への関心が、ネット上で高まっている。

   出産後1年未満に死亡した女性の死因は、自殺が最も多いという。なぜ発症するのかなどを精神科医に聞いた。

  • なぜ産後うつになるのだろうか(写真はイメージ)
    なぜ産後うつになるのだろうか(写真はイメージ)
  • なぜ産後うつになるのだろうか(写真はイメージ)

出産経験者からのツイートも

   女優の竹内結子さん(40)が2020年9月27日に自宅で自殺したとみられると報じられると、1月に第2子の男の子を産んだばかりだっただけに、きっかけを巡って様々な憶測も流れた。ツイッター上では、「産後うつ」ではないかとの指摘も相次いでいる。

   出産を経験した女性からは、「何でもないことで涙が出たりした」「唐突に死にたくなった」などと、産後うつのような症状についての報告も次々に寄せられている。

   国立成育医療研究センターがサイト上で行った2018年9月5日の発表によると、出産後1年未満に死亡した女性は、15~16年の2年間で、自殺が92人と最も多かった。35歳以上や初産の女性などで自殺率が高かったという。原因としては、産後うつの悪化などの可能性があるとみられている。

   産後うつは、一体何がきっかけで発症するのだろうか。

   つきじ心のクリニック(東京都中央区)の榊原聡院長は9月28日、J-CASTニュースの取材にこう話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中