2020年 10月 25日 (日)

高知東生、執行猶予満了で思いツイート これからは「仲間達を助ける側にまわりたい」...啓発ドラマにも出演

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   2016年に覚せい剤取締法違反などで執行猶予4年懲役2年の判決を受けた俳優の高知東生(たかち・のぼる)さん(55)が、2020年9月30日で執行猶予期間を満了したことをツイッターで報告し、支援者や依存症に悩む人へメッセージをつづっている。

  • 高知東生さんのツイッターより
    高知東生さんのツイッターより
  • 高知東生さんのツイッターより

「許して下さいとは申しません」

   高知さんは16年6月24日に覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反容疑で逮捕され、9月に執行猶予4年懲役2年の判決を受けた。9月30日に執行猶予期間を満了した高知さんは、

「本日2020年9月30日をもって無事執行猶予の満了となりました。4年間の執行猶予期間、適切な支援に繋がれなかった最初の2年間は孤独で『俺なんか死んだ方がよいのではないか』と真っ暗闇の中にいました。2019年2月に依存症の支援者らと繋がれたことで、絶望から希望への光が見え、こうして生きています」

とツイッターに投稿、さらにリプライで

「支えて下さった皆さま本当に有難うございました。ご迷惑をかけた方々本当に申し訳ございませんでした。高知東生を許せないと思われる方がいて当然です。その方々に許して下さいとは申しません。皆さまの想いを胸に抱き、生き直しを図り、今後も自分にできる限りの埋め合わせを続けて参ります」

など、反省と支援者への感謝、更生の心境をつづっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中