2020年 10月 30日 (金)

ACミランがDF冨安健洋を獲得へ? 伊メディア報道にネット「期待できる」「スタメン競争勝てない」

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   サッカー日本代表でボローニャ(イタリア)のDF冨安健洋(21)の獲得に、イタリアの名門ACミランが興味を示している。イタリア「Sky Sport」が日本時間2020年9月30日未明に報じ、日本のインターネット上でも話題を呼んでいる。

   ACミランにはかつて、ボタフォゴ(ブラジル)の元日本代表MF本田圭佑(34)が背番号10をつけて所属。もし冨安の移籍が実現すれば日本人選手として史上2人目となる。ビッグクラブへの移籍情報に、ネット上ではすでに期待と不安が入り混じった声が相次いでいる。

  • 第1節ACミラン戦後に更新したボローニャ冨安健洋のインスタグラムより(編集部で一部加工)
    第1節ACミラン戦後に更新したボローニャ冨安健洋のインスタグラムより(編集部で一部加工)
  • 第1節ACミラン戦後に更新したボローニャ冨安健洋のインスタグラムより(編集部で一部加工)

昨季イタリアで21歳以下のベスト11

   「Sky Sport」によると、ミランは守備の要を補強したい考え。狙っていたサンテティエンヌ(フランス)のDFウェスレイ・フォファナ(19)はレスター(イングランド)へ移籍することとなったため断念し、冨安の獲得に動いているという。また、レアル・マドリード(スペイン)のDFナチョ(30)も獲得候補。移籍市場は10月5日まで開いている。

   冨安は19歳だった18年にJ2・アビスパ福岡からシント・トロイデン(ベルギー)に移籍すると、翌19年には4大リーグ(イングランド、イタリア、スペイン、ドイツ)のボローニャへとステップアップ。本職のセンターバックでなく右サイドバックの起用が多かったが、継続的に試合に出場し、評価を高めた。サッカー分析を手がける「Wyscout」はイタリア・セリエAの19-20シーズンにおける21歳以下選手のベスト11に冨安を選出している。

   冨安は新型コロナウイルスの影響で開幕がずれ込んだ20-21シーズンも、9月21日の第1節にCBとして先発。その相手はほかならぬACミランで、世界を代表するFWズラタン・イブラヒモビッチ(39)に2失点を許し0-2で敗れたが、フル出場で奮闘した。28日の第2節・パルマ戦もCBで先発フル出場し、4-1での勝利に攻守にわたって貢献した。

   ACミランといえば数々の名選手を輩出し、リーグ優勝争いや欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場の常連だったが、ここ7~8年は低調。10-11シーズンを最後にリーグ優勝から遠ざかっており、CLは7年連続で出場を逃している。だが昨季は、中断明けのリーグ戦全12戦を無敗(9勝3分)で終え、今季も勢いそのままにリーグ開幕2戦2勝。上昇基調に入っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中