2020年 10月 24日 (土)

小林麻耶が番組で涙...誹謗中傷は「死にたいと思うほど追い詰められる」 声震わせたメッセージに反響

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   フリーアナウンサーの小林麻耶さんが2020年10月1日、出演した「グッとラック!」(TBS系)で、インターネット上などでの誹謗中傷問題について「自分がつらい時にそれを読んだら、人の気持ちを本当に死にたいなと思ってしまうほどに追い詰めることができる」と涙ながらに撲滅を訴えた。

   小林さん自身、実妹の小林麻央さんを17年6月に乳がんで亡くし、麻央さんの闘病中から降りかかった自身への誹謗中傷に苦しんだ。当時の実体験を重ね合わせると声を震わせ、「みんなでポジティブな言葉を広めていきたい」と呼びかけた。

  • 小林麻耶さんのブログトップより
    小林麻耶さんのブログトップより
  • 小林麻耶さんのブログトップより

「まだ乳がんにならないのか」

   番組では、実業家の堀江貴文さんが広島県内の飲食店を訪れた際、マスク着用をめぐってトラブルになった問題を取り上げた。堀江さんがフェイスブックで主張を書き込むと、飲食店もブログで反論。その結果、双方にSNSなどで誹謗中傷の言葉が浴びせられる問題に発展した。店主は番組の取材に、罵倒や無言の電話が1日40件かかってくることを明かし、「外へ家族が歩いていくのも怖い」と語っている。

   スタジオコメンテーターの小林さんは「私のところにも(誹謗中傷が)よく来ます」とし、「誹謗中傷で亡くなられた方がいて、『死ねとかは言っちゃいけない、本当に良くない』と言われているにもかかわらず、そういうニュースの後にも私のところに『まだ生きてるのか』『まだ乳がんにならないのか』とか、言葉を変えて表現してくる。本当にいけないことだと思います」と自身にも心無い言葉が来ることを明かした。

   MCの落語家・立川志らくさんは「いくら言っても連中には心がないから分からない」と述べたが、小林さんは「分からないって諦めないで、本当に師匠、お願いしますよ。絶対に言っちゃいけないんですよ」と語気を強めてもう一度訴えた。自身も心無い言葉がよく送られてくるという志らくさんは「言っちゃいけないですよ。でもある程度のパーセンテージ、1%2%はいるんですよ」と諭すように述べている。

   それでも小林さんは再度、誹謗中傷をこう強く断罪した。話しながら、途中から声を震わせた。

「今回はホリエモンさんの影響力が大きいから、他の方々が動いてこういうコメントをしたかもしれませんけど、1人1人がSNSで大きな力を持ってることを分かってほしいし、亭主の方、ご家族の方、お子さんが本当に苦しい思いをして、病んでしまうかもしれない。どうなってしまうかも分からないんですよ。1人1人の言葉ってすごく大切なので、命を本当に大切にしてほしいと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中