2020年 10月 29日 (木)

金髪・坂口健太郎の出番が「少なくて泣く」 「東京タラレバ娘2020」の意外な展開

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   2020年10月7日、女優の吉高由里子さん主演のスペシャルドラマ『東京タラレバ娘2020』(日本テレビ系)が放送された。ネット上では「ある人」の出演時間が少ないと、落胆する声があがっている。

  • 吉高由里子さん(2016年撮影)の主演で、「倫子」が帰ってきた。
    吉高由里子さん(2016年撮影)の主演で、「倫子」が帰ってきた。
  • 吉高由里子さん(2016年撮影)の主演で、「倫子」が帰ってきた。

ハッピーエンドの前作から3年...

   2017年1月期に放送され、最高視聴率13.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したヒットドラマ『東京タラレバ娘』。「ああしてい『れば』...」「こうしてい『たら』...」など、「タラレバ」言いながら女子会を開く3人の30歳女子・倫子(吉高さん)、香(榮倉奈々さん)、小雪(大島優子さん)のもとに、若き金髪のイケメンモデルKEY(坂口健太郎さん)が現れて... というストーリーだ。

   17年版では、倫子が様々な恋を経験するなど紆余曲折ありながら、最終的にKEYと接近。倫子が「私、あんたのこと好きだわ」と告白すると、KEYが「俺もあんたのこと好きかも... って言ったらどうする? 考えといて、タラレバさん」と、笑顔を浮かべる... といったほんのりしたハッピーエンドだった。

   今回はそれから3年後の話。倫子が朝倉(松下洸平さん)との結婚を決めた時に、KEYが仕事先のアメリカから帰国。倫子は構わずそのまま結婚式をしたものの、式中に朝倉に逃げられて絶望の淵に。KEYに八つ当たりもしたが、その後反省して、「あんたに出会えてよかった」と想いを告げる。するとKEYは「あんたと出会えたから、今の俺がいる」「倫子。また、あんたに会いに帰って来るよ」と言い残して、再び渡米するのだった。

   今作では、33歳となった倫子、香、小雪の話を中心にストーリーが進み、KEYの出演シーンはそれほど多くなかった。これに対し、坂口さんの金髪姿や、前作の倫子とKEYの「恋の続き」を楽しみにしていた視聴者からは、「今回のタラレバ三人娘の同窓会みが強すぎて、金髪坂口健太郎の出番少なすぎる! かなしー!」「KEYくんの出番少なくて泣く」「一番楽しみにしていた坂口健太郎のターンが短すぎたんだけど!」といった悲しみの声があがっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中