2020年 10月 27日 (火)

5人の「仮想・井上尚弥」相手に...! 挑戦者モロニーが重ねる「実戦練習」の内容

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に挑戦するジェーソン・モロニー(オーストラリア)が5人の「仮想井上」を相手に最終調整に臨んでいる。海外専門メディア「Fightnews.com」が報じたもので、2020年10月31日(日本時間11月1日)に予定されるタイトル戦に向けて5人のスパーリングパートナーを相手に実戦練習を積んでいる。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

「12ラウンドを戦う準備も出来ている」

   「Fightnews.com」によると、今回モロニー陣営は総勢5人のスパーリングパートナーを用意。モロニーの双子の弟で元WBA世界スーパーフライ級王者のアンドリューをはじめとし、チリ、プエルトリコ、米国、オーストラリアのボクサーをパートナーに招へいしたという。10月2日に米国入りして以来、連日、5人の「仮想井上」相手にスパーリングを行い、実戦感覚を磨いている。

   モロニーのスパーリングパートナーを務める5人は、この1カ月間、井上のボクシングスタイルを研究し、井上をシミュレートしながらスパーリングを行っているという。万全のバックアップ体制で調整を行っているモロニーは「勝つために必要なこと全ての準備は出来ている。理想はノックアウトすることだが、12ラウンドを戦う準備も出来ている」と順調な仕上がりぶりをアピール。

   また、モロニーの母国メディア「news.com.au」(WEB版)は、モロニーのラスベガスでの調整の模様を詳細にリポートしている。モロニーはラスベガス入りしてから「マイク・タイソン・マイル」と呼んでいるトラックを使用して走り込みを行っているという。このトラックは、元世界統一ヘビー級王者マイク・タイソン(米国)が、ラスベガスで試合をする際に使用したもので、モロニーは週4回、このトラックで走り込んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中