2020年 10月 22日 (木)

山口百恵さん引退から40年、アイドルファン心理はどう変わったか 「友和さんと末長くお幸せに」美しき横断幕に思う

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   今から40年前の1980年、一世を風靡したアイドル歌手の山口百恵さんが俳優の三浦友和さんと結婚、芸能界を引退した。当時でも芸能一大ニュースとなったが、引退直前の1980年10月5日に日本武道館で行われた百恵さんの最後のコンサートが、この2020年10月3日にNHKBSで放送された。

   インターネットもなかった時代のコンサートの模様がSNSで共有されたが、ちょっとした話題になったのが、客席に「友和さんと末長くお幸せに」という横断幕が掲げられていたことだ。トップアイドルが何度も共演したスター俳優と結婚し引退する。今このようなことがあったら、アイドルファンは同じ行動を取れるだろうか。当時と現代のファン心理を探ってみた。

  • 山口百恵さんの日本武道館コンサートはアイドル史に残る場面になった
    山口百恵さんの日本武道館コンサートはアイドル史に残る場面になった
  • 山口百恵さんの日本武道館コンサートはアイドル史に残る場面になった

現代のアイドルファンはどう思う

   歴史をおさらいすると、山口百恵さんと三浦友和さんは1974年にグリコのCMで初共演、同年の映画「伊豆の踊子」で主演コンビとなった。以後映画・ドラマで何度も共演し、1979年10月20日にコンサート公演中のその場で百恵さんは友和さんとの交際を宣言し、「ゴールデンカップル」の誕生となった。80年3月7日に2人は婚約を発表、百恵さんは結婚とともに芸能界引退を表明し、大フィーバーとなった上での日本武道館でのコンサートだった。

   映像の中で2階席から掲げられた横断幕の中に「友和さんと末長くお幸せに」と書かれたものがあった。現代の視聴者は新鮮に感じたのか、ファンの暖かい心意気に感動した感想がSNSにも少なからず投稿された。

   アイドルファンはこの光景をどう思うか。J-CASTニュースは、2010年代のアイドルに詳しいアイドルライターのこじらぶさんに、横断幕について率直な感想を聞いてみた。「純粋に素敵な光景だと思いました」というこじらぶさんは、さらに

「70~80年代のアイドルは『手が届かないスーパースター』で、多くのファンはテレビや映画といった媒体を介し一方的にアイドルを崇拝していたと思います。一部、応援・身辺警護活動をする親衛隊の存在もありましたが彼らも含め基本的にはその手の届かないスーパースターを崇め、応援させてもらっているという考えがあったと思います」

と推測した。現代のアイドルファンに同じことができるかと聞いてみると、「基本的には難しいと思います」と答え、「秋元系(編注:秋元康さんプロデュース)などの恋愛禁止を掲げているメジャーアイドルでは恋愛、結婚は歓迎されるものではありません。恋愛スキャンダルがバレても笑いに昇華させた指原莉乃さんや峯岸みなみさんは特異な存在です。総選挙前に自身のファンに投票(課金)を促すような発言をしておきながら、そのファンのおかげでランクインした壇上で結婚宣言をしたメンバーは、大きな裏切りとしてバッシングされました」と続けた。

   現代とのギャップには記者も同じ感覚を抱いたが、まだ地下アイドルのような文化もなく、スターが「高嶺の花」だった時代の産物であろうか。握手会やハイタッチ会のような接触系のイベントが普及した現代では、擬似的な恋愛対象としてのアイドルとファンの距離感は近い。

「常連客になれば名前や顔を覚えてもらえる"認知"があり、恋愛対象のような存在として心理的にも『手が届く』ような錯覚を抱いています。ガチ恋勢を筆頭として、その他の熱心なオタクも"貢ぐ"ような行為で『手が届くアイドル』を自分たちが支えている、押し上げている、という自負もあります。前提にアイドルは恋愛をしないものと捉えられる『恋愛禁止ルール』が存在するからだと思います。恋愛自由で、もしかしたら彼氏がいるかもしれない女の子にそこまで貢ぐことは出来ないオタクがほとんどでしょう。同じ"貢ぐ"でも相手がキャバクラ嬢である場合と違ってアイドルには恋愛していないという前提とセットで処女性も求められているからです」

と分析する。そしていつの間にかメジャーアイドルには「恋愛NG」なる不文律が設定されているが、これについてアイドルファンはどんな本音を持っているのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中