2020年 11月 24日 (火)

菅首相とインドネシアの「5年前の因縁」 初外遊で「高速鉄道」問題に新展開あるか

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   菅義偉首相が首相就任後初の外遊先に選んだベトナムとインドネシアでは、東シナ海と南シナ海で台頭する中国を念頭に、「自由で開かれたインド太平洋」構想での協力を確認する見通しだ。2020年10月19日にベトナムのフック首相と会談したのに続いて、20日にはインドネシアのジョコ大統領との会談に臨む。

   インドネシアは15年、日本と中国が受注を競っていたジャワ島の高速鉄道について急に条件を変える形で中国側の提案を採用し、官房長官だった菅氏がジョコ大統領の特使に対して「まったく理解することはできない。極めて遺憾だ」などと厳しく非難した経緯がある。その後、高速鉄道の建設は遅れ、日本を再参画させるべきだとの声も浮上。日本は振り回される形になっている。菅氏のインドネシア訪問で、事態が動くかも焦点だ。

  • ベトナムとインドネシアに向けて出発する前に取材に応じる菅義偉首相(写真は首相官邸ウェブサイトから)
    ベトナムとインドネシアに向けて出発する前に取材に応じる菅義偉首相(写真は首相官邸ウェブサイトから)
  • ベトナムとインドネシアに向けて出発する前に取材に応じる菅義偉首相(写真は首相官邸ウェブサイトから)

日本案不採用伝えに来た大統領特使に「まったく理解することはできない。極めて遺憾」

   ジャワ島の高速鉄道は、首都ジャカルタと西ジャワ州バンドンの約140キロを結ぶ計画。15年3月にジョコ大統領が来日した際、安倍晋三首相(当時)は高速鉄道整備のために約1400億円の円借款供与を表明したが、15年9月初めに、インドネシアは高速鉄道の計画自体を白紙にし、より費用が安い「中高速鉄道」にすることを表明。9月中旬には中国側が新たな提案を提出し、9月末にはインドネシアが中国案の採用を決めていた。

   当時官房長官だった菅氏は、一連の経緯に強い不快感を示していた。インドネシアのソフィアン国家開発企画庁長官が15年9月29日、ジョコ大統領の特使として首相官邸を訪れ、日本案の不採用を菅氏に伝えた。菅氏はこの日行われた定例会見で、面会の様子を説明。終始不快感を隠そうとしなかった。

   菅氏は

「日本は『実現可能な最良の提案』を行ったが、日本の提案が選ばれなかったことは、きわめて残念だと考えている」

と所感を述べ、インドネシア側の説明について

「当初インドネシア政府側から『本件(高速鉄道)事業の見直しをして、(これまでの『高速鉄道』とは違う)中高速鉄道として実施する事業を作成し、日本を含む各国企業のその内容を提示して、参加機会を公平に提供する』という説明があった。しかし今回、その方針が急きょ変更されて、『インドネシア政府として、中国提案を歓迎することになった』という説明に来た」

と述べた。その上で、

「そうしたことについて『まったく理解することはできない。極めて遺憾だ』、そういうことを私から率直に伝えた」

とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中