2020年 11月 27日 (金)

ミス東大候補者「セクハラがあった」などと訴え 主催の広研は一部認め謝罪、大学は「早急に事実確認進める」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ミス東大を決めるコンテストについて、候補者の1人が「セクハラがあった」などとSNS上で運営側を批判し、主催する東大広告研究会も事実関係を一部認めてツイッターで謝罪した。

   ただ、この候補者は、納得がいかない部分もあると明かし、双方で話し合いが続けられている。大学の広報課は、事実確認を急ぐとするとともに、セクハラの訴えには、「そうした事実があったとすれば大変遺憾なこと」などと言っている。

  • ミスコンのあり方で出場者から批判も出た
    ミスコンのあり方で出場者から批判も出た
  • ミスコンのあり方で出場者から批判も出た

お金を出せば無制限に投票できるとして、候補者間で不公平だとも指摘

   「本日は、少し悲しいお知らせになってしまいます」。候補者の東大生女性は2020年10月15日、インスタで行ったライブで最初にこう告白した。

   女性は、駒場祭に合わせて11月15日に東京・有楽町のヒューリックホール東京で行われるミス東大コンテストのファイナルに出場する予定になっている。

   女性によると、コンテストに出てほしいと運営に頼まれて出場を決め、当初は、候補者間の公平を担保するために、チケット購入者が1人1票を投票できるといった内容の説明を受けた。

   ところが、運営側は、費用がかかる会場を候補者に説明せずに選んだといい、クラウドファンディングサイト上で約250万円を目標に支援を募り始めた。そして、無制限に投票できるよう候補者に説明せずに決めたといい、それに気づいた女性が10月15日に質問しても、十分な説明が得られなかったという。

   クラファンでは、候補者が支援を呼びかける形になっているため、金儲けをしているとも捉えられかねず、「本当に心苦しい」と心境を吐露した。「SNSで叩かれるのは、私たち候補者側だ」として、「今は、完全に課金ゲームとなっています」と運営側を批判した。チケットの買い占めが起きると、お金をたくさん出したパトロンの存在が大きくなり、不公平なコンテストになるとも指摘している。

   さらに、女性は、ファイナリスト5人のお披露目の日に、「セクハラなどもございました」と明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中