2020年 11月 26日 (木)

嵐フェス「試合中断」騒動、野球ファンは「意外と怒ってない」? 「最高の演出に」「拍手喝采だった」

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   2020年10月24日、国立競技場(東京都新宿区)で行われていた「嵐(アラ)フェス2020」の収録での演出が、隣接する神宮球場でのプロ野球・ヤクルト対中日戦の試合を中断させたことについて、同日ジャニーズ事務所は公式ウェブサイトで謝罪した。

  • 24日に掲載されたお詫び(ジャニーズ事務所公式ウェブサイトより)
    24日に掲載されたお詫び(ジャニーズ事務所公式ウェブサイトより)
  • 24日に掲載されたお詫び(ジャニーズ事務所公式ウェブサイトより)

煙で視界不良、大量の風船が飛来

   スポニチアネックスやサンスポの記事によると、試合は2度中断された。

   まず6回表、中日の滝野要外野手がプロ初安打を記録した直後、国立競技場から花火が上がった。その煙が風の影響でグラウンド内に侵入し、視界不良のため試合が中断された。

   その後7回表には大量の白い風船が飛来して2度目の中断。警備員が回収したという。

   ジャニーズ事務所は24日、試合中断に関するお詫びとして、

「本日、国立競技場にて行っておりました、嵐フェス2020の収録にあたり、風船及び花火による演出の煙により、隣接する神宮球場にて試合中の『ヤクルト対中日』戦を2度ほど意図せず中断させてしまう事となりました。
神宮球場、両球団選手及び関係者、視聴者の皆さまには、ご迷惑をお掛け致しました事を、深くお詫び申し上げます」

という文面を掲載した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中