2021年 12月 6日 (月)

海洋放出、「決定」は見送ったが... 福島第1原発の汚染処理水問題が大詰め

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

全漁連、反対意向を伝える

   だが、当然のこととはいえ、漁業者は強く反発する。漁業団体の全国組織「全国漁業協同組合連合会(全漁連)」の岸宏会長は10月15日、加藤官房長官、梶山弘志経産相と面会して反対の意向を伝えたほか、16日には野上浩太郎農林水産相や平沢勝栄復興相らにも「海洋放出すれば風評被害が出ることは必至で、壊滅的な状態になることが危惧される」と、反対を訴えた。

   地元の福島県漁連は23日、いわき市で開いた会合で、改めて反対の立場を確認。野崎哲会長は「県漁連として海洋放出には反対の立場であることに変わりはない」と強調し、各漁協からは「10年たっても第1原発の10キロ内に入れないのに、処理水を流されたら、消費者は食べてくれない」などの声が上がっている。

   漁業関係者が海洋放出反対を譲らないのは、2015年8月に東電から受けた文書がある。海洋放出反対の県漁連の要望に、広瀬直己社長(当時)が「関係者の理解なしには、いかなる処分も行わず、処理した水は発電所敷地内のタンクに貯留します」と文書で回答している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中