2020年 12月 6日 (日)

井上尚弥「左ジャブ」から見る完勝の理由 マイク・タイソンに通じる「強打だけじゃない」強さとは

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=が2020年10月31日(日本時間11月1日)、米ネバダ州ラスベガスで防衛戦を行い、挑戦者ジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=を7回KOで下した。2度のダウンを奪う完勝でWBA王座4度目、IBF王座2度目の防衛に成功。ボクシングの本場ラスベガスで圧巻のKO勝利を飾った「モンスター」は今後、4団体統一を目指していく。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

モロニーの選択肢は「アウトボクシング」一択しか...

   約1年ぶりのリングとなったラスベガス決戦。挑戦者は世界上位ランカーとはいえ、今回のタイトル戦に関しては、世界のボクシング関係者やファンの関心は、井上がモロニーを「何ラウンドに倒すのか」にあっただろう。スーパースターの宿命というべきかもしれない。ラスベガス初陣の井上に求められたのは「圧倒的勝利」であり、格の違いを見せつけることだった。

   注目された井上の立ち上がりはやや硬さがあった。モロニーは高いKO率を誇り、ガードが堅いボクサーだ。モロニーのガードをこじ開けるのは井上とて簡単なことではない。この日、井上は2度のダウンを奪った。6回に左のショートフック、そしてフィニッシュブローとなった7回の右カウンター。井上の試合ではついその強打に目が行きがちだがこの日、際立ったのは左ジャブだ。

   モロニーは井上対策としてラスベガスに5人のスパーリングパートナーを招へいし、パートナーそれぞれが「仮想井上」となりスパーリングを積んできた。モロニー陣営としては、あらゆる展開を想定していたに違いない。しかしいざ試合開始のゴングが鳴らされると、モロニーの選択肢は「アウトボクシング」一択しかなかった。井上の左ストレートといえるほど威力のある左ジャブがそうさせたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中