2020年 11月 27日 (金)

低迷するジェフ千葉に「覚悟足りなすぎ」 GK新井の大喝にサポーター「思ってたこと言ってくれた」

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   「どんな覚悟で試合に挑んでる?」――低迷するチームに身内から喝が飛んだ。サッカーJ2・ジェフユナイテッド千葉のGK新井章太(32)が2020年11月8日、1-5で大敗したホームでのモンテディオ山形戦後にインスタグラムを更新し、歯がゆい率直な思いを吐露している。

   新井はJ1・川崎フロンターレから今季千葉に加入し、ここまでリーグ戦全32試合に先発フル出場中。守護神の愛あるメッセージに、「思っていたことを新井さんが言ってくれた気がします」「本気で想ってくれてるからこその言葉だと思います」といったコメントが寄せられた。

  • GK新井章太のインスタグラムより
    GK新井章太のインスタグラムより
  • GK新井章太のインスタグラムより

「1試合1試合人生懸けてやれよ」

   山形戦の千葉は前半31分に先制を許すと、同38分、後半3分、同8分、同16分と立て続けに失点。前半アディショナルタイムを含めて正味約34分間で5失点を喫した。千葉は後半34分に途中出場した元日本代表FW佐藤寿人(38)が1点を返すのがやっとだった。

   大敗後の同日夜、インスタグラムで喝を入れ、危機感をつづったのが先発フル出場した新井だ。

「どんな覚悟で試合に挑んでる?覚悟足りなすぎ。その試合出た選手が、毎試合出れるとでも思ってる?危機感足りなすぎ。

闘えずに失点するのはミスで失点するよりも全然ダメ。相手にゴールされるなら必死に頑張った味方に決められるオウンゴールのほうが全然いい。

試合数出ればそれがすごい事?1試合1試合人生懸けてやれよ」

   続けて自らにも言い聞かせるように、こう決意をつづっている。

「今日みたいな試合を俺が小学生、中学生の時に見てたらプロなんて目指してない。情けない姿見せてなにがプロだよ。必死にやって、あんなに上手いのにあんなに頑張るんだ!!って思わせないと。

残り10試合、本気で勝点30獲得目指してるやつが何人いるか。そこだと思う。俺はやるよ!!」

   千葉は10月10日のホーム、水戸ホーリーホック戦でも1-5の大敗を喫している。1993年のJリーグ初年度から参加する「オリジナル10」の1クラブだが、2010年以降はJ2暮らしが続く千葉。17年は22チーム中6位でプレーオフまで進んだがJ1昇格はならず、翌18年は14位、19年は17位と低迷した。今季も第32節を終えて17位に沈んでおり、直近4試合で勝ち星がない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中