2020年 12月 1日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
「トランプ支持者」は今、何を思っているのか(前編)

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   米大統領選で「バイデン勝利」の報道(2020年11月7日現地時間)に全米の半分が湧き、「敗北宣言」しないトランプ大統領をメディアが激しく非難するなか、トランプ支持者たちは今、何を思っているのだろうか。

  • ニューヨーク市(マンハッタン)のトランプタワー前で1人、警察支持の旗を振る男性(2020年11月、筆者撮影)
    ニューヨーク市(マンハッタン)のトランプタワー前で1人、警察支持の旗を振る男性(2020年11月、筆者撮影)
  • ニューヨーク市(マンハッタン)のトランプタワー前で1人、警察支持の旗を振る男性(2020年11月、筆者撮影)

「トランプ勝利に200ドル賭けた」

   この連載の前回の記事「『バイデン勝利』クラクション鳴り響くNY」(11月8日公開)で、「バイデン勝利」を主要メディアが報道した日の様子を伝えた。1日中、ニューヨークの街のあちこちで叫びと拍手、クラクションの音が湧き起こった。人々は鍋やスプーンなど音が出るものを手に外に飛び出し、踊り歌い、見知らぬ人同士で喜びを分かち合った。

   ニューヨーク市は、民主党支持者が圧倒的に多い。街中を歩き回ってそんな様子を見ながら、「他人同士が気さくに笑顔や言葉を交わす、私の大好きなニューヨークに久しぶりに戻った」と胸が熱くなった。

   そして同時に、これまで出会ったトランプ支持者たちや、トランプ支持の私の友人たちは今、どこで何を感じているのだろうか、という思いが頭をよぎり続けた。

   私が今いるアパートで働くドアマンの1人、エディ(56、プエルトリコ出身)は、4年前に続いて今回もトランプ氏に投票した。今回、選挙の勝敗を友人と賭け、トランプ氏に200ドルを投じた。

   「投票日(11月3日)は仕事?」と、その数日前に彼に聞くと、「そうだ。トランプが勝ったら暴動が起きるから、ここでみんなを守らないとな」と両手を突き出し、ボクシングする真似をした。

   「バイデン勝利」の報道後、彼を見かけた時、「200ドル、失っちゃった?」と聞くと、辺りを見回して「他の人にわかっちゃうだろ」と声をひそめた。

   「大統領を選ぶ選挙なのに、金を賭けるなんて聞こえが悪いからな」。

   「今、どんな気持ち?」と尋ねる私に、エディが言った。

「僕はトランプに投票した。そして、バイデンが『勝利』した。僕はバイデンを支持した上司に、『おめでとう。僕は、国民に選挙で選ばれた、僕らの新しい大統領を支持しますよ』と伝えた。上司は4年間、トランプを支持した僕を馬鹿呼ばわりし続けた。僕は、そういうことはしない。これからはバイデンが大統領として、この国の舵取りをうまくやってくれるように、神に祈るんだ」

   いつもジョークばかり言っている彼が、「神」を口にしたこともそうだが、彼の切り替えの速さに驚くとともに、その思いに感銘を受けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中