2020年 11月 25日 (水)

関西の鉄道に広がる動き 期間限定だけど...新快速「Aシート」に指定席が!

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   2020年10月28日、JR西日本は期間限定という条件付きながら、有料座席サービスの新快速「Aシート」に指定席を設置することを発表した。並行私鉄の動向も考慮しながら、関西における今後の展望を考えてみたい。

  • 新快速「Aシート」に指定席が設置される
    新快速「Aシート」に指定席が設置される
  • 「プレミアムカー」が連結される京阪3000系
    「プレミアムカー」が連結される京阪3000系
  • 新快速「Aシート」に指定席が設置される
  • 「プレミアムカー」が連結される京阪3000系

新快速にも指定席設置の波が

   JR西日本は2020年12月1日から期間限定で、定員制の有料座席サービス、新快速「Aシート」に指定席を設置することを発表した。

   有料座席サービス「Aシート」は2019年3月にスタートし、1日上下各2本の新快速に連結されている。車内は4列(2列+2列)のリクライニングシートが並び、乗客は空席があればシートに座れる。乗車整理券は乗車距離に関わらず500円になり、車内で車掌から購入する。

   指定席は12席が設置され、JR西日本のネット予約「e5489」もしくは駅の「みどりの券売機」等から乗車前に指定席券を購入する。指定席券の料金は840円だが、「e5489」限定で600円で利用できるチケットレス商品を発売する。指定席の設置期間は12月1日~2021年2月28日の予定だ。なお指定席の導入後も従来の定員制の座席は利用できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中