2020年 11月 25日 (水)

「巨人がどのようにして勝つかなかなか見えてこない」 元コーチが語るソフトバンク「優位」の理由

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   プロ野球のソフトバンクがロッテとのクライマックスシリーズ(CS)を制して日本シリーズ進出を決めた。2020年度の日本シリーズは昨年同様、巨人-ソフトバンクのカードとなった。昨年はソフトバンクが圧倒的な強さを見せ巨人に4連勝して日本一に輝いた。同じ顔合わせとなった今年の日本シリーズはどのような展開を見せるのか。J-CASTニュース編集部は、巨人の戦略コーチを務めた橋上秀樹氏(55)に占ってもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「巨人がどのようにして勝つかなかなか見えてこない」

   今年のプロ野球は新型コロナウイルスの影響でセ・リーグはCSが中止となり、パ・リーグはレギュラーシーズン1位のソフトバンクと2位ロッテの間でCSが行われた。ソフトバンクがロッテを下したため、今年の日本シリーズはレギュラーシーズンを制したチーム同士による決戦となる。

「今シーズンのパ・リーグをみると、ソフトバンク、ロッテ、西武、楽天の4チームがし烈な戦いを演じ、今年もレベルの高さを感じました。とくにソフトバンクの終盤での連勝、CSでの勝ち方をみると、ソフトバンクが2020年の完全体になったと感じました。やはりソフトバンクが圧倒的優位にあると思います。死角が全く見当たらない。巨人がどのようにして勝つかなかなか見えてこない」(橋上氏)

   日本シリーズ初戦の巨人の先発は、エース菅野智之投手(31)が想定される。昨年は山口俊投手(33)=現ブルージェイズ=が初戦に先発し、千賀滉大投手(27)と投げ合い2-7で落とした。巨人は結局、2戦以降1勝も出来ぬままシリーズを終えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中