2020年 12月 1日 (火)

ジョナサン、「ファミレスの雄」40周年に迎えた岐路 「都心」「女子会」強みにコロナ直撃...復活の道はあるか?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   すかいらーくHD(東京都)のファミリーレストラン「ジョナサン」が転換期を迎えている。

   都心部への多店舗展開を特徴としていたが、コロナ禍で都心部の人出が減ったことにより客足が低迷。20年~21年にかけて26店舗の閉店が決まった。今後の展望は。

  • ジョナサンが迎える「転換期」
    ジョナサンが迎える「転換期」
  • ジョナサンが迎える「転換期」

グループ内ではガストに次ぐ「2番手」

   ジョナサンは和洋を問わない総合的なメニューラインアップが特徴で、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)と茨城、山梨、静岡県に合計274店舗(20年11月19日時点)を出店している。東京・練馬区に1号店を構えたのは1980年のこと。喫茶店とレストランの要素を組み合わせた「コーヒーショップレストラン」として、首都圏の都心部に出店を重ねた。

   当時、すかいらーくグループの看板だったブランドは、日本におけるファミレスチェーンの先駆けと言われる「すかいらーく」。グループの創業者の一人で、ジョナス(ジョナサンの運営会社)の社長を務めていた横川竟(きわむ)氏は、2018年9月20日に日本経済新聞朝刊のコラム「私の履歴書」で、こう振り返っている。

「すかいらーくは郊外型だったが、ジョナサンは都心型にした。同時に原点に返った。素材と味にこだわり、単価はすかいらーくより高めに設定。(中略)レストランというより質素な喫茶店のようだ。(中略)ふたを開けるとジョナサンはびっくりするぐらい売れた。1店当たりの平均年商は2億1700万円とすかいらーくを超えた。都心部にレストランがなかったことも奏功した」

   2000年代後半にはグループの経営再建にともない「すかいらーく」が低価格を強みとするファミレス「ガスト」へと転換され、消滅した。その一方で、ジョナサンはグループの中核を担うブランドに定着。19年12月期のすかいらーくHDの売上高3754億円のうち、稼ぎ頭であるガストの1540億円(41%)に次ぐ401億円(10.7%)を占めていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中