2021年 1月 22日 (金)

HKT48、コロナ禍と向き合った9周年 地元の後押し受けて...「たくさんいい報告をできる1年にする」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   福岡市を拠点にするアイドルグループ、HKT48は2020年11月26日に同市中央区の西日本シティ銀行HKT48劇場で9周年記念特別公演を開いた。アンコールを含めると、HKT48が行う劇場公演としては最も多い45曲を2時間50分ほどかけて披露した。

   新型コロナウイルスの感染拡大で活動が大幅に制約され、HKT48のメンバーにとっては「戸惑うこと」があり「実力不足」も痛感させられる1年だった。ただ、3週間ほど前には4年半ぶりに専用劇場が復活して活動の拠点が充実するなど、前向きな取り組みも進む。「10周年を迎える頃までに、みんなにいろんないい報告ができていたら」と意気込んだ。

  • 9周年特別記念公演にはメンバー49人が参加。「チームH」キャプテンの松岡菜摘さんは「10周年を迎える頃までに、みんなにいろんないい報告ができていたら」と意気込んだ。
    9周年特別記念公演にはメンバー49人が参加。「チームH」キャプテンの松岡菜摘さんは「10周年を迎える頃までに、みんなにいろんないい報告ができていたら」と意気込んだ。
  • ステージで突然大粒の涙を流した村重杏奈さん。「人数は減っちゃったけど、みんなのこと、ずっとずっと大好き!」と声を絞り出した
    ステージで突然大粒の涙を流した村重杏奈さん。「人数は減っちゃったけど、みんなのこと、ずっとずっと大好き!」と声を絞り出した
  • 9周年特別記念公演にはメンバー49人が参加。「チームH」キャプテンの松岡菜摘さんは「10周年を迎える頃までに、みんなにいろんないい報告ができていたら」と意気込んだ。
  • ステージで突然大粒の涙を流した村重杏奈さん。「人数は減っちゃったけど、みんなのこと、ずっとずっと大好き!」と声を絞り出した

「さっしーが卒業して『みんなで頑張っていこう』って言っていた矢先」のコロナ禍

   公演では、ユニット曲や、シングル曲などを次々に披露。20年4月から体調不良による療養のため活動休止していた長野雅(ながの・みやび)さん(21)がサプライズで一部出演したほか、4月22日発売の新曲「3−2」(さんひくに)のカップリング曲2曲が観客の前で初披露された。

   公演は盛り上がりを見せたものの、ここに至るまでの活動は大きな制約を受けた1年だった。「チームH」キャプテンの松岡菜摘さん(24)は公演最後のあいさつで、この1年は「戸惑うこと」があったと述懐。新曲の発売が1曲にとどまり、歌番組にも出演できなかったことを挙げた。新曲のプロモーション期間と、外出の自粛を求められた期間が重なったことが一因だとみられるが、松岡さんによると、これは「さっしー(指原莉乃さん=19年卒業)が卒業して『みんなで頑張っていこう』って言っていた矢先」の出来事で、

「自分たちの実力不足」
「何かもっともっとできることがあったんじゃないか」

と悔やんだ。9月には、1期生の村重杏奈さん(22)が新型コロナに感染。約3週間にわたって活動を休み、他のメンバーはテレビ番組やイベントの出演辞退を余儀なくされるなど、グループの活動にも影響が出た。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中