2021年 1月 23日 (土)

ここにも渡部建の「亡霊」が? FNS歌謡祭を前に「司会は...」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2020年12月2日に放送される「FNS歌謡祭 第1夜」(フジテレビ系)について、番組の司会についてのツイートが目立ち始めている。

   あるツイッターアカウントは「そうか、FNSの司会、渡部じゃないよな」とツイート。また、別のアカウントも「FNS歌謡祭の司会ってちょうど一年前に渡部から相葉くんに変わってさ」と同様の内容をツイート。さらには、「2018年のFNS歌謡祭見返してたら、そーいや渡部司会で気持ち悪くなった」といったツイートすら行われているほどなのだ。

  • 渡部建さん(2017年撮影)
    渡部建さん(2017年撮影)
  • 渡部建さん(2017年撮影)

2018年まで、「FNS歌謡祭」の司会は渡部さんが務めていた!

   これら、「アンジャッシュ」の渡部建さん(48)の名前を出しつつ、FNS歌謡祭についてツイートしているアカウントが目立つ状況だが、それもそのはず、渡部さんは2018年12月12日放送の「FNS歌謡祭 第2夜」まで番組の司会を務めていたからだ。

   渡部さんはFNS歌謡祭が2回制となった2015年から2018年までの計4カ年にわたって司会を担当(2015年と2016年は森高千里さんと共に。また、2017年と2018年は森高さんと加藤綾子アナウンサーと共に)。2019年からは渡部さんと入れ替わりで「嵐」の相葉雅紀さん(37)が、フジテレビの永島優美アナウンサー(29)と共に司会を務めている(2020年も相葉さんと永島アナが担当)。

   そのため、もはや渡部さんは「無関係」にもかかわらず、2020年のFNS歌謡祭が近づく中、2018年までの同番組を思い出した視聴者から上記のような声が上がり始めているのだ。いわば、渡部さんの「亡霊」に視聴者はとらわれているのである。

   その渡部さんだが、2020年は、まさに、「自身の不徳の致すところ」という表現がこれ以上なく当てはまる1年だったことは記憶に新しい。6月11日発売の「週刊文春」(6月18日号)で渡部さんは複数の女性との不倫を報じられ、それまで抱えていたレギュラー番組を全て降板。そう考えると、直近のFNS歌謡祭(2019年)まで司会を務めていたわけではないが、確かに、番組に泥を塗らずに済んだと言えば済んだということになるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中