2021年 7月 27日 (火)

朝ドラ「おちょやん」見て連想 「わろてんか」と比較する声が相次ぐワケ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2020年11月30日から放送が始まったNHKの朝ドラ「おちょやん」について、視聴者から以前の朝ドラと比較する声が次々と上がっている。

   「おちょやん」は、女優の浪花千栄子(1907-73年)をモデルとした主人公の竹井千代を杉咲花さん(23)が演じるNHK「連続テレビ小説」の第103作目となる作品。大正5年(1916年)、酒に溺れる父親テルヲと暮らす千代(幼少期は毎田暖乃さん演)の元に継母の栗子(宮沢エマさん)が現れ、父と継母の間に子供が出来たために千代は道頓堀に店を構える芝居茶屋に奉公に出されるというところから主人公の人生が展開し始める......というストーリーが、第1週で描かれた。

  • 「おちょやん」のサイトから
    「おちょやん」のサイトから
  • 「おちょやん」のサイトから

「わろてんかは吉本で、おちょやんは松竹新喜劇の話だなあ」

   なお、12月7日から放送されている第2週では、奉公先での千代の姿が描かれるなどしているが、これらのストーリーを見た視聴者から、かつての朝ドラ「わろてんか」を引き合いに出して、「おちょやん」を論評する声が上がっているのだ。

   あるツイッターアカウントは「おちょやん わろてんかと少し時代設定が被ってるんだよね?」と、「わろてんか」の名前を挙げつつ、おちょやんの時代設定について指摘。また、別のアカウントも「わろてんかは吉本で、おちょやんは松竹新喜劇の話だなあ」と、やはり、「わろてんか」を引き合いに出しているのだ。

   「わろてんか」は2017年度下半期に放送された第97作目の朝ドラで、吉本興業の創業者である吉本せいをモデルとした主人公・藤岡てんを葵わかなさんが演じたことで知られるが、「おちょやん」のツイートをする際に、これほどまでに「わろてんか」が引き合いに出されるのは、一体どういうことなのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中