2021年 5月 16日 (日)

トップ声優・山寺宏一が嫉妬した「36歳年下の後輩」 狙った役取られショック、でも「聞いてみたら...」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   声優の山寺宏一さんが2020年12月8日に更新されたテレビ朝日のYouTube公式チャンネル「動画、はじめてみました」に登場し、自身が「嫉妬した」という後輩について語った。

  • 「アラジン」のイベントでウィル・スミスさんと共演する山寺さん(写真:アフロ)
    「アラジン」のイベントでウィル・スミスさんと共演する山寺さん(写真:アフロ)
  • 「アラジン」のイベントでウィル・スミスさんと共演する山寺さん(写真:アフロ)

国宝級声優が燃やすジェラシー

   数々の有名アニメをはじめ、映画の吹き替えやナレーターなど、多岐にわたるジャンルで活躍している山寺さん。様々なキャラクターを演じ分けることから「国宝級声優」と呼ばれているが、意外にも仕事上で嫉妬心を抱くことが多いという。

   1992年公開のディズニー映画『アラジン』にてジーニー役を務め、それが自身の「ターニングポイントになった」と語る山寺さんは、ほかにも看板キャラクターの一角「ドナルドダック」役のほか、数多くのディズニー作品に出演し、今やディズニー映画には欠かせない人物。

   それだけに『アナと雪の女王』でオラフ役を演じたピエール瀧さんが2019年、麻薬取締法違反で逮捕され、降板となったニュースを聞いた際「もしかして自分に代役の話が回ってくるかも...」と思っていたそうだ。

   当時、丁度実写版『アラジン』のジーニー役でアフレコに参加していたためディズニー社のスタッフに「(オラフ役を)やりましょうか?」とアピールしていたことも冗談交じりに明かす。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中