2021年 5月 11日 (火)

「GoTo感染リスク論文」めぐる立憲・原口氏の官僚追及 かみ合わない議論の「正解」は?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!
厚生労働省「Go Toトラベルの利用と症状の増加につながったとの因果関係は断定できない」
立憲議員「いや、断定的におっしゃってますよ」「いやー恐ろしい理解」
  • 原口氏、厚労省職員とのやりとり(立憲民主党公式ツイッターより)
    原口氏、厚労省職員とのやりとり(立憲民主党公式ツイッターより)
  • 原口氏、厚労省職員とのやりとり(立憲民主党公式ツイッターより)

「僕論文読んでから言ってますけど」

   2020年12月8日の野党合同ヒアリングでは、賛否渦巻く政府の観光支援事業「Go Toトラベル」が議題に上った。

   立憲民主党の原口一博衆院議員は、Go Toトラベル事業が新型コロナ感染拡大に寄与している可能性を示唆する、東京大学などの研究チームの査読前論文(※)を紹介し、「これは明らかなデータですよね」として観光庁に見解を求めた。

   ※研究論文は通常、「査読」(論文が学術誌に掲載される前に行われる同じ分野の研究者らによる評価・検証)が行われた後に正式に発表されるが、今回は「政策上重要なテーマであるため、速報性を重視」し、査読前の原稿が12月6日にネット上で公開された。

   観光庁職員は、

「色々な専門家の方が、それぞれの見識、研究をされて発表しているのは承知していますが、観光庁・国土交通省としては、政府の分科会の席の方が判断した見解に基づいて、必要なことがあれば関係大臣と協議してこの施策を進めていくということですので、この調査結果についてはコメントは差し控えたい」

と明確な回答を避けた。原口氏は納得いかず、「研究者の方がエビデンスを出してきてるわけだから。謙虚に捉えるべきだと思いますよ」と持論を述べ、厚生労働省の職員にも質した。

   職員は「(論文の)筆者自身がおっしゃっていますが(中略)直接的にGo Toトラベルの利用と症状の増加につながったとの因果関係は断定できないということ」と説明。「それから」と話を続けようとするも、原口氏が割って入り、「そんなことどこに書いてあります、論文の。僕論文読んでから言ってますけど」と指摘した。

   他の議員も「(論文で)強い相関が示されるっていってるんだけど」と加勢し、原口氏は「そうですよ」と同調。「あなたのさっきおっしゃったこと、何行目のどこにありますか」と追及の手を緩めない。

   職員は「可能性が示唆されるということだと思いますので、因果関係として断定的なものをおっしゃっているわけではない」との認識を示すも、原口氏は「いや、断定的におっしゃってますよ」と否定し、「あなたの理解ですね、それ」「いやー恐ろしい理解」とあきれた。議論は最後までかみ合わなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中