2021年 5月 14日 (金)

AKB48は「昔は個人戦、今は団体戦」 峯岸みなみ&柏木由紀「ガツガツ感が違う」現状を語る

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   アイドルグループ「AKB48」に所属する峯岸みなみさんが2020年12月9日、自身のYouTubeチャンネルに柏木由紀さんとの対談動画を公開した。AKBの課題や自身の卒業について語り合う動画は1日で10万回以上再生され、YouTubeの急上昇ランキング23位をマークした。

  • AKB48の峯岸みなみさん
    AKB48の峯岸みなみさん
  • AKB48の峯岸みなみさん

「みんなやれば出来るけど...」

   始めに1期生である峯岸さん(05年加入)と3期生である柏木さん(06年加入)はAKB48が12月8日に結成15周年を迎えたことを祝福した。

   次にAKBを支えるレジェンドメンバーとして「昔と今の違い」について、峯岸さんは「今のAKBは個性が無いわけじゃなくアピールできる場所が少なくなった」と語り、柏木さんは「昔のAKBは個人戦、今のAKBは団体戦。よくも悪くもバランスを取ろうとしている」と回答した。

   さらに柏木さんは、昔は個人の努力がAKBの周知に関わっていたため、「シンプルにガツガツ感が違う」と意見し、先輩である自身らの課題について「この子はこういう子ですって、後輩の個性を表に伝えていくことかもね」と話している。

   また動画の後半では「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)でのリハーサルについて、「みんなやれば出来るけど、周りの様子をうかがうからパフォーマンスのレベルが下がっちゃう」と振り返り、「説教ババアみたい!」と自身らにツッコミを入れた。

   動画では元メンバーである指原莉乃さんの影響や自身らの卒業についても語っており、峯岸さんは概要欄で、

「ゆきりんとAKBについて語ったら、アイドルとしての考え方が素晴らしくてうぉーーーー!てなりました。どうすればファンの方が喜んでくれるのか...そんなゆきりんの姿勢は、AKBのこれからの活動のヒントになると思いました」

と有意義な対談だったと伝えている。

   コメント欄には「グループ全体のことを色々考えているんだね」「みんな様子伺うから全体のレベルが下がるってところAKBの一番の課題点だと思うな〜。努力の姿を見せて成長していくのが昔からAKBのカラーだからもっと弾けて欲しい!」など、共感や応援の声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中