2021年 5月 17日 (月)

ネリ、WBAレギュラー王者と対戦報道も不安視される「体重作り」 米専門メディアも...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)とWBA世界スーパーバンタム級レギュラー王者ブランドン・フィゲロア(米国)との対戦が合意に達したことを2020年12月10日、米専門メディア「BOXING NEWS 24」が報じた。来春にも対戦が実現する見込みで、無敗同士の一戦は注目のカードになりそうだ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

対戦相手は若きホープ

   ネリは2020年9月にWBC世界スーパーバンタム級王座決定戦に出場し、同級6位アーロン・アラメダ(メキシコ)と対戦し判定勝利で王座を獲得。この王座は正規王者レイ・バルガス(メキシコ)が足の負傷によって休養王者となったことで設定されたもので、ネリのスーパーバンタム級転向第1戦目となった。

   バンタム級に続いて世界2階級制覇を達成したネリ。デビュー以来の連勝を「31」に伸ばしたものの、過去には体重超過やドーピング騒動などのトラブルを起こしており、ボクサーとしての姿勢が問題視されていた。その一方でスーパーバンタム級の実績がないまま王座決定戦に出場する機会を得るなどマッチメイクには恵まれている。

   対戦相手となるフィゲロアは、21勝(16KO)1分けの戦績を誇る王者だ。2019年4月にWBA世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦で勝利し暫定王座を獲得。のちにレギュラー王者に認定され、これまで2度の防衛を果たしている。フィゲロアは今月29日に24歳の誕生日を迎えるホープで、今後の活躍が期待されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中