2021年 1月 21日 (木)

TBS連日の「呪術廻戦」特集 取り上げ方にはある「共通点」が?

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「鬼滅の刃」の大ヒットを受け、次の話題作として「呪術廻戦」(じゅじゅつかいせん)」に熱い視線が注がれている。

   とりわけ、10月からテレビアニメを放送しているTBSは「NEWS23」「サンデー・ジャポン」といった番組を通じ、2020年12月10日以降の短期間で立て続けに「呪術」を特集。その内容には「共通点」も多かった。

  • TBSが放送しているテレビアニメ「呪術廻戦」(番組公式サイトより)
    TBSが放送しているテレビアニメ「呪術廻戦」(番組公式サイトより)
  • TBSが放送しているテレビアニメ「呪術廻戦」(番組公式サイトより)

鬼滅の興収に関連付けて「呪術」を紹介

   「呪術廻戦」は『週刊少年ジャンプ』(集英社)の2018年14号から連載している、芥見下々(あくたみ・げげ)さん原作のマンガ作品。「呪い」をテーマに、「呪霊」と呼ばれる化け物と呪術師が戦う描写が特徴だ。シリーズ累計発行部数は20年11月時点で1200万部を超えた。20年10月3日にはテレビアニメの放送がTBS、MBS系ではじまっている。

   『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の記録的ヒットを受け、「呪術」は鬼滅に次ぐ話題作としてマスメディアに報じられる機会が増えた。とりわけ作品を積極的に取り上げている、とネット上で指摘されているのが、テレビアニメを放送しているTBSだ。

   例えば、12月10日夜のニュース番組「NEWS23」では、「呪術廻戦」のアニメ放送を受け、都内にある書店のマンガの売り上げが10倍に増加したと報道。作品人気はフランスなど世界各国にも波及していることを伝えた。

   また、12日放送の「まるっと!サタデー」(以下、まるサタ)では、番組が「Yahoo!リアルタイム検索」の結果を独自集計した「トレンドワード週間ランキング」の3位に「288億円」(12月7日時点の「劇場版 鬼滅の刃」の興行収入)が入ったことに関連付け、「呪術廻戦」を「ネクストブレークアニメ」として紹介。作中に登場するキャラクター「五条悟」に女性が虜になっていること、スタジオで出演したコメンテーターの野々村友紀子さんが、親子で作品にはまっていることなどが伝えられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中