2021年 1月 21日 (木)

メイウェザーJr「国際ボクシング殿堂」入り 歴代レジェンドと肩並べ...クリチコ、ウォードも

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   国際ボクシング名誉の殿堂博物館(米ニューヨーク州)は2020年12月15日(日本時間16日)、2021年に新たに殿堂入りする元選手、関係者を発表した。男子のモダン部門では、世界5階級制覇フロイド・メイウェザーJr氏(43)=米国=、元ヘビー級3団体統一王者ウラジミール・クリチコ氏(44)=ウクライナ=、世界2階級制覇アンドレ・ウォード氏(36)=米国=の3人が選出され、2021年6月に式典が予定されている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「メンバーに選出されたことは大変名誉なこと」

   殿堂入りの元選手は、米国ボクシング協会の記者と国際ボクシングの歴史家らの投票によって選出された。メイウェザーJr氏、クリチコ氏、ウォード氏の3人は今年、殿堂入りの資格を得たばかりで、資格が発生した初年度での選出となった。

   メイウェザーJrは96年アトランタ五輪フェザー級で銅メダルを獲得してプロ入り。98年10月にWBC世界スーパーフェザー級王座を獲得し、無敗のままライト級、スーパーライト級、ウエルター級、スーパーウエルター級を制した。最後の公式戦となったのは2017年8月のコナー・マクレガー(アイルランド)戦で、プロ戦績は50戦50勝(27KO)。

   メイウェザーJr氏は、国際ボクシング名誉の殿堂博物館の公式サイトを通じてコメントを発表。「私にとって資格取得の初めの年で2021年のメンバーに選出されたことは大変名誉なことです。私はボクシングのキャリアを通して出来る限りのことをやってきました。6月(来年)の殿堂ウィークエンドに参加し、他の受賞者と一緒に名誉を受けることを楽しみにしています」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中