2021年 5月 13日 (木)

緒方恵美「やっぱり、エヴァは、エヴァだった...(笑)」 「シン・エヴァンゲリオン劇場版」意味深予告にファン騒然

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   声優の緒方恵美さんが、2021年1月23日に公開される予定の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」について言及した。

   『新劇場版』シリーズの第4作目となる「シン・エヴァンゲリオン」。全4部作の第4作目で、本作をもってエヴァンゲリオンシリーズが完結するとアナウンスされている。

  • エヴァンゲリオン公式サイト
    エヴァンゲリオン公式サイト
  • エヴァンゲリオン公式サイト

「やっぱり、エヴァは、エヴァだった...」

   主人公・碇シンジ役を務めている緒方さんが2020年12月20日にツイッターを更新し、

「昨日、とあるご報告を受けました」

と前置きしつつ、

「やっぱり、エヴァは、エヴァだった...(笑)」

と意味深に告白。詳細は明かさなかったものの、

「最後まで、どうか、見届けてください」
「お楽しみに」

とファンに呼びかけていた。

   しかし、語弊を生むと判断したのか、緒方さんはその後のツイートで、

「何度も何度も何度もいって申し訳ないですが、これだけはかわりませんよ?」
「これが、最後のエヴァです」

とシリーズが完結することは確かだと断言。自身のツイートについて、

「『エヴァらしさ』ってあるじゃないですか。私が、私自身がその洗礼を受けたって話なだけです」
「そして、そういう作品だったって、思いだしただけ」

と、「エヴァンゲリオン」らしい「エヴァンゲリオン」に仕上がったと説明しつつ、

「お騒がせしました(笑)」

とつづっていた。

   この一連の投稿に「エヴァンゲリオン」ファンからは、

「まさかのおめでとうEND?」
「ラストで続編がなくても、最後にミサトさんの予告が流れて終わってほしい」

といった声が集まっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中