2021年 5月 10日 (月)

渡部建も見習え!?唐田えりか復帰 会見なしでも「正解」なスマートさ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2020年12月19日に発売された月刊誌「日本カメラ」(日本カメラ社)21年1月号で、女優の唐田えりかさん(23)が連載を開始した。

   連載のタイトルは「mirror」で、連載のテーマは「フィルムカメラ好きの女優がつづる写真エッセイ」というもの。第1回は「夕焼け」と題して夕暮れ空の写真を掲載しつつ、写真というものに対する自らの気持ちをつづったエッセー形式の記事となっている。そんな唐田さんに対し、ネット上では一部の視聴者から、「唐田えりかさん謝罪会見したっけ? 何もなかったかのように復帰するの?」といった声が上がっているのだ。

  • 記者会見を開いた渡部建さん(2020年12月3日撮影)
    記者会見を開いた渡部建さん(2020年12月3日撮影)
  • 記者会見を開いた渡部建さん(2020年12月3日撮影)

「渡部を隠蓑に唐田えりか出てきた感」

   唐田さんといえば2020年1月に「週刊文春」の記事で発覚した、俳優の東出昌大さん(32)との不倫騒動で芸能活動を休止。その後、10月には「女性セブン」(小学館)が、唐田さんが活動再開に向けて所属事務所で事務作業をしていると報じていた。

   そんな唐田さんがメディアでの情報発信を再び行うようになる、いわば芸能活動の再開に近い。唐田さんは一連の騒動以来、記者会見などは行っておらず、上記のような不満の声は少なからず存在する。そして、それらの声の中でも多いのが、「渡部を隠蓑に唐田えりか出てきた感」と、「アンジャッシュ」の渡部建さん(48)の名前を挙げるものだ。

   渡部さんといえば、12月3日に開いた謝罪会見が「不発」だったと酷評されたことが記憶に新しい。6月発売の「週刊文春」で複数の女性との不倫を暴露された渡部さんは、報道直後から芸能活動を休止していたが、11月17日に発売された「週刊女性」で、大晦日に放送される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の「笑ってはいけないシリーズ」で復帰するとスクープされ、急遽、記者会見を開いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中