2021年 1月 19日 (火)

井上尚弥への「挑戦権」狙う? リゴンドー「カシメロのベルトがほしい」

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   ボクシングのWBA世界バンタム級レギュラー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)が、WBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)との対戦を猛アピールした。「el Nuevo Herald」(WEB版)が2020年12月23日、報じたもので、来春の対戦が浮上しているカシメロ戦に向けて意気込みを語っている。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

「世界タイトルを統一したいという私の願いに...」

   リゴンドーは今年2月にWBA世界バンタム級レギュラー王座決定戦でリボリオ・ソリス(ベネズエラ)に判定で勝利し王座を獲得。WBA同級スーパー王者でIBF同級王者・井上尚弥(大橋)と対戦するためにスーパーバンタム級から階級をひとつ下げたというリゴンドーは、これまでも井上との対戦を熱望し続けてきた。

   世界主要4団体の王座統一を目指す井上にとって、同団体のレギュラー王者と対戦する可能性は低く、リゴンドーのアピールは空回りしていた。そこで浮上したのがカシメロとの対戦だ。複数の海外専門メディアが、リゴンドーVSカシメロ戦が来春に計画されていると報じており、実現に向けて動いているようだ。

   「el Nuevo Herald」のインタビューに対してリゴンドーは「カシメロのベルトがほしい。カシメロとの試合は、世界タイトルを統一したいという私の願いにぴったり合う。私はWBAのタイトルを持っており、カシメロはWBOのタイトルを持っている。だから私はカシメロを乗り越えベルトを取り、チャンピオンに勝ち続ける」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中