2021年 3月 5日 (金)

ジャニーズ「トンチキソング」とは何なのか?一度ハマったら離れられない「惹かれる理由」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ジャニーズに不可欠で愛される「トンチキ」とは何なのか――。

   2020年12月25日放送予定の「ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE 2020」(テレビ朝日系)では、特別企画として「ジャニーズトンチキソングメドレー」が流れる。同局の「関ジャム 完全燃SHOW」で人気の企画「ジャニーズ伝統トンチキ名曲」がMステに進出した企画で、視聴者からの投票を参考に選ばれた「チュムチュム」(NEWS)、「バィバィDuバィ~See you again~」(Sexy Zone)、「∞SAKAおばちゃんROCK」(関ジャニ∞)、「デカメロン伝説」(少年隊)がメドレーで披露される。

   「トンチキ」は以前からジャニーズファンの間で用いられていたワードだ。何となく「ダサい」というようなニュアンスはわかるが、具体的はどんな要素を指すのか。J-CASTニュースは、なぜジャニーズファンが惹かれるのか、を調べてみた。

  • 「トンチキ」とは何なのか、なぜファンはハマるのか?
    「トンチキ」とは何なのか、なぜファンはハマるのか?
  • 「トンチキ」とは何なのか、なぜファンはハマるのか?

謎の歌詞とジャンルがミックスしたサウンド

   以前から、トンチキソングと思う曲をブログやSNSで挙げるファンはいた。「ホルモン~関西に伝わりしダイアモンド~」(ジャニーズWEST)「ウタウタウ」(Hey! Say! 7)「MAHARAJA」(Kis-My-Ft2)「君の彼氏になりたい。」(Snow Man)などがある。グループ単位ではNEWS・Sexy Zone・ジャニーズWESTの曲が多いようだ。「デカメロン伝説」もイントロの「ワカチコ!」がしばしばトンチキと指摘される所以になっている。

   「ダサい」「奇抜」ともちょっと違う「トンチキ」楽曲の特徴とは何か。まずジャニーズに詳しいライターの高橋梓さんに聞いてみると、

「トンチキソングとは『意味がわからない歌詞×摩擦係数の大きいメロディ』が揃っているものだと考えます。例えばSexy Zoneの『Sexy Zone』で『Mildも地球の裏側じゃ Wildになるよ 時代を創ろう Sexy Zone』とありますが、意味が分かりそうで分かりません。

摩擦係数の大きいメロディとは、『一聴して"ん?"と感じ、聞けば聞くほど癖になる』というイメージです。例えばNEWSの『チュムチュム』は出だしが完全にインド音楽でなんとも言えない気持ちになりますが、BメロからJ-POP要素が加わり、サビでいつの間にかEDMっぽい雰囲気も混ざる...と、不思議な構成が癖になります」

と高橋さんは分析した。具体例としてはNEWSなら「チュムチュム」のほかに「サヤエンドウ」「ポコポンペコーリャ」「チャンカパーナ」、Sexy Zoneの「Sexy Zone」「Sexy Summerに雪が降る」「バィバィDuバィ~See you again~」「プンププンプン」などが該当するそうだ。タイトルだけを見ても一見意味がわからないワードが並ぶし、アイドルソングで「サヤエンドウ」とは? と首をかしげたくなる。作詞家でいうと、主に三浦徳子さんの提供曲にトンチキが多い傾向だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中