2021年 5月 7日 (金)

「人が羨ましくて仕方がない」→本物の「お坊さん」が回答 悩み吐き出す新SNSアプリ「Sion」の狙いを開発者に聞いた

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「人が羨ましくて仕方がない」
「ニートってどうしたらいいの?」
「朝から救急車や現場などいろいろな音で疲れてしまう」

   誰もが日常で感じる小さな悩み、モヤモヤした思い。ささいなことだとしても、時には「誰かに聞いてほしい」と思うこともあるだろう。

   そんな心の声を吐き出すアプリ「Sion(しおん)」が2020年12月8日にリリースされた。

  • お坊さんが悩みを聞くアプリ「Sion(しおん)」(画像はSionより、編集部で一部加工)
    お坊さんが悩みを聞くアプリ「Sion(しおん)」(画像はSionより、編集部で一部加工)
  • お坊さんが悩みを聞くアプリ「Sion(しおん)」(画像はSionより、編集部で一部加工)

お坊さん「まさに今朝、寝坊してしまいました」

   ここでは一般ユーザーが匿名で悩みやモヤモヤした思いを投稿することができる。

   思いをつぶやくという意味ではツイッターと似ているように思えるが、Sionで反応するのは本物の「お坊さん」だけ。反応を希望するユーザーには必ず返信が来るという。

   お坊さんと投稿者でどんなやり取りがされているのか。いくつかの事例を見てみよう。

投稿者:恋愛なんてめんどくさいだけ。なにがいいの
お坊さん:「これは恋愛だ」という名札を一度外してみると、少しだけ気楽になれるかもしれません
投稿者:お坊さんでも自己嫌悪に陥ることってありますか?
お坊さん:おはようございます。まさに今朝、寝坊してしまいました。自己嫌悪に陥ってますね
Sionのアプリ画面内
Sionのアプリ画面(画像はSionより、編集部で一部加工)

   内容は雑談のように軽いものから、少し踏み込んだものまで様々。アプリを開発した、くうる(東京都港区)の代表・武智勝哉さん(32)はSionの目的を次のように話す。

「Sionはお坊さんに答えをもらうのではなく、悩みを聞いてもらうことを目的としたアプリです。吐き出すことでちょっと心が軽くなったらと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中