2021年 12月 7日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
「この国のために戦う」と議事堂に向かった支持者

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「独立戦争でイギリスからアメリカを守ったように、どんな手段を使おうとも、我々にはこの国を取り戻す準備がある」。首都ワシントンで2021年1月5日から数日間、行動を共にした私に、トランプ支持者の何人かがそう語った。

   6日、大規模抗議集会で大統領が米議会議事堂までの行進「SAVE AMERICA (アメリカを救え)」を呼びかけたあと、支持者らの一部が議事堂を占拠した。

  • 議事堂へ向かって行進するトランプ支持者たち(2021年1月6日、筆者撮影)
    議事堂へ向かって行進するトランプ支持者たち(2021年1月6日、筆者撮影)
  • 議事堂へ向かって行進するトランプ支持者たち(2021年1月6日、筆者撮影)

「硫黄島」や「独立戦争」のシンボル

   1月6日には、米連邦議会の上下両院合同会議で選挙人投票の結果を正式に確認する手続きが、行われることになっていた。通常なら形式的に承認されるが、今回はテッド・クルーズ氏(共和党、テキサス州選出)を含む11人の共和党上院議員が、「論争になっている州の選挙人の投票結果に異議を唱える票を投じる意向を明らかにしていた。支持者たちの抗議集会は、この日を狙って開かれた。

   前回のこの連載「穏やかな行進の後、あの議事堂占拠事件は起きた」(2021年1月9日公開)では、集会と行進に参加したごく一般的なトランプ支持者像を伝えたかった。

   私はこれまでトランプ支持者やその集会を多く取材してきたが、今回の集会でとくに目についたのが、第二次世界大戦末期に日米軍の間で戦われた「硫黄島の戦い」や米独立戦争がらみのシンボルだった。「CIVIL WAR(南北戦争)」と書かれた服を身につけた人たちもいた。

   集会では私の前方で、大きな2つのパネルが掲げられていた。1つは、硫黄島で日本軍が必死に守り続けた摺鉢山の頂きに米海兵隊が星条旗を掲げているあの有名な写真で、「They Saved a Country We are saving a Nation Jan.6, 2021」(彼らは国を守った。我々は2021年1月6日、国を守るのだ)と書かれている。

   もう1つは、独立戦争を思わせる絵に、「IN 1776, THESE PATRIOTS DID THEIR JOB CONGRESS, SUPREME COURT, IT'S TIME YOU DO YOURS!」(1776年、この愛国者はするべきことをした 議会と最高裁よ、すべきことをする時だ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中